税務署の記帳説明会【青色申告】

節税・減税
この記事は約2分で読めます。

この週末に税務署からもお知らせが来ていた。
封筒を見た時、何かマズい事でもやらかしたか、等と一瞬不安に感じたりもしたが、それはただの取り越し苦労で、税務申告のための記帳説明会についてのお知らせだった。

税務署からの青色申告など記帳説明会の案内

こういう案内が送られて来る理由は、恐らく青色申告の申請を提出したからだと思われる。

青色申告の申請をしておきながら、きちんとした複式簿記の税務申告を出来ない事業者も多いのだろうか。特に、太陽光発電とそのメリットであるグリーン投資減税の絡みで、筆者のように初めて青色申告を行う個人や中小企業がこの2年位で激増しているのかもしれない。

なので、税務署の方が先手を打って、来年3月の確定申告のずっと前に(何しろ、昨年度の確定申告を済ませてまだ3カ月ほどしか経っていないのだ…)こういった税務関係の啓蒙の場(しかも無料)を設定し、少しでも納税申告の時期のパニック状態を軽減させたいということなのかと推測する。

案内されている記帳説明会の期日を見ると、事業者を対象としているので当然のことながら平日の昼間開催である。サラリーマン兼業の個人事業者など流石に配慮してはいない。

半日くらい有給休暇を取れば参加できそうなので、勤め先の仕事の都合が許せば参加してみたい。
あと出来れば、青色申告の仕方だけじゃなく、消費税の還付とかグリーン投資減税の申告の仕方なんかも、こういう勉強会みたいなのをやってくれると嬉しいのだが(さすがに、税務署がそこまではやらないだろうが)。

それにしても、この案内を読むと面白いことも書いてある。

例えば、「税理士のニセモノにご注意を!」だそうだ。
税理士のニセモノって、なんなんだ?と思うが、騙される人っているんだろうか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました