京セラの太陽光パネル

京セラの太陽光パネルに関する記事のカテゴリー。

京セラは1980年代から太陽電池や太陽光発電パネルの事業を手がけており、高信頼性・高耐久性や安定した発電量のソーラーパネルで定評がある。

ただ、京セラの太陽光パネルは価格も高かったため、なかなか手が出なかったのだが、近年は手頃な価格のパネルがネット通販などでも入手可能となってきている。

京セラ製太陽光パネルの耐用年数はFIT期間の20年にも及ぶレベルであり、1984年に千葉県佐倉市で設立した「佐倉エネルギーセンター」では同社の太陽光発電システムが35年以上の長期間にわたって稼働し続けている(36年経過後の出力低下率は約17%)。

京セラの太陽光パネル関連生産拠点(国内)は、以下の通り:

太陽電池セル: 八日市工場(滋賀県東近江市)、野洲工場(滋賀県野洲市)
太陽光パネル: 八日市工場、および協力会社による委託生産

伊勢工場(三重県伊勢市)における太陽光パネルの製造は2017年に終了している。
海外では、中国で太陽光パネルの製造を行っている。

京セラ

京セラ製太陽光パネルでオフグリッド電源を増強

ソーラーオフで京セラ製の285W多結晶ソーラーパネルを購入 以前に防犯カメラを設置したことで負荷が増えて100Wの太陽光パネルでは電力が不足気味となっていた鹿嶋5号基のオフグリッド電源の太陽光パネルを昨年暮れに増強したので、それについ...
京セラ

京セラ製太陽光パネルの高信頼性 vs. Phono Solarのコスパ

京セラ製の太陽光パネルは経年劣化に対する耐久性や信頼性が極めて高いということが、客観的な第三者調査機関が実施した一連の試験によって示された。 この第三者調査機関というのは、今回の試験を行った企業であるノルウェーのDNV GL、...
京セラ

京セラの太陽光発電パネル:耐久性の秘密とは

(「高レベルな質疑応答(S社主催・太陽光発電セミナー)」の続き) 太陽光発電を真剣に検討している参加者の方々からの質疑とそれに対する応答が大変活発だったため、当初の予定だった2時間は簡単に過ぎてしまう可能性が高いとその時点で察しが付い...
京セラ

京セラの施工案、2件追加

S社に依頼していた、京セラのソーラーパネルでの施工プラン2件を頂いた。 まず当方から出した依頼は、次のようなものであった: S○様、 お世話になっております。△▽の◇□です。 少々、検討の時間を頂いておりましたが、改...
タイトルとURLをコピーしました