ソーラーパネル製造、世界1位は中国。2番目は?

太陽光発電パネル生産高の上位5カ国 (CC 3.0)市場動向
太陽光発電パネル生産高の上位5カ国 (CC 3.0, EPI)
この記事は約2分で読めます。

最近、激安の太陽光発電キットの情報を目にする機会が増えた。 その多くは、中国製の太陽電池や太陽光発電パネルを採用している。 無理もないことで、こういった傾向は統計データでも明らかにされている。

例えば、米Earth Policy Institute(EPI)がまとめた国別の太陽光発電パネルの生産量の推移を見ると、中国がダントツで2位の3倍以上の差を付けている。

太陽光発電パネル生産高の上位5カ国 (CC 3.0)

太陽光発電パネル生産高の上位5カ国 (CC 3.0, EPI)

では日本は2位?と思った方が多いかもしれないが、残念ながら日本は2位でもない。

2番目は図をご覧の通り台湾である。ここで掲載している図は少し古いが、EPIの最新データを見ても1~3位の結果とその傾向は変わらない。

この台湾が2位というのは結構意外に感じる人が多いのではないかと思うが、このグラフを見ると日本は2007年に中国に抜かれた後、2009年位に台湾にもブッちぎられていることが分かる。

念のために、上位5カ国とその世界市場シェア(カッコ内)を上げておくと以下の通り:

  1. 中国(45%)
  2. 台湾(15%)
  3. 日本( 9%)
  4. ドイツ( 8%)
  5. 米国( 5%)

という訳で、中国といい台湾といい、中国および華人国家がグローバルな太陽光発電産業では現在の主導権を握っており、日本の存在感はこの過去数年~10年位で大きく減少してしまっているのが現実だ。(もちろん、日本は全量買取制度のお陰で太陽光発電パネルやシステムの市場としては、注目を浴びているが。)

こういった現状を垣間見ようと、10月末から11月にかけて開催される「PV Taiwan 2013」を本業とは別に休みを取ってでも見に行きたいと思っていたのだが、つい最近になってある調査プロジェクトを担当することになり、時間的にはちょっと微妙になってしまった。(実は、太陽王子と一緒に行こうかという話をしていたのだが・・・)

まだ可能性が完全に無くなった訳ではないのだが、行けない場合には次の機会の楽しみとしたい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました