ソーラーパネル

太陽光発電モジュールや太陽電池のメーカーの市場や技術の動向ニュース、筆者採用製品のレビューなど。

ソーラーパネルの製造メーカーとしては、主に中国インリーソーラー、トリナソーラー、日本のパナソニック、京セラ、シャープ、ソーラーフロンティア、ループ(Looop)、ドイツのソーラーワールド(SolarWorld)、韓国ハンファQセルズ、米国サンパワー(SunPower)、ファーストソーラー(First Solar)などの記事を主に掲載(2016年1月現在)。

スポンサーリンク
トリナ・ソーラー

呉・太陽光発電所7号基の発電量実績と西日「反射衛星砲」計画の全貌

広島県呉市の太陽光発電所7号基の発電実績が少し出そろってきたので、備忘録を兼ねて記しておくことにする。 まず、太陽光発電所7号基のスペックは、次の通り: ソーラーパネル:トリナソーラー製・単結晶 340kW ×162枚=5...
京セラ

京セラ製太陽光パネルの高信頼性 vs. Phono Solarのコスパ

京セラ製の太陽光パネルは耐久性や信頼性が極めて高いということが、客観的な第三者調査機関が実施した一連の試験によって示された。 この第三者調査機関というのは、今回の試験を行った企業であるノルウェーのDNV GL、ドイツのフラウンホーファ...
シャープ

シャープが太陽光事業を継続…って、どうやって黒字化するの?

シャープが、太陽光事業を継続すると発表した。 以下、メディアの報道を2点ほど引用する。 シャープの高橋興三社長と次期社長に内定している台湾の鴻海精密工業の戴正呉副総裁は23日、従業員向けに文書を出し、太陽電池事業を継続する方針を明らかに...
シャープ

【シャープ経営再建】「7000人リストラ」と太陽電池事業の今後を占う

「7000人の人員削減(リストラ)」というショッキングな報道で、台湾ホンハイ(Foxconn)によるシャープの経営再建が、本格的に始動した。 ただ、こういったニュースによる反響が多き過ぎたことを案じたためか、いったんは決算概要資料に記され...
Looop(ループ)

住宅用太陽光に”再挑戦”のLooop、次の狙いは「第3者所有モデル」か

Looopが住宅用太陽光発電システムのパッケージ商品「Looop Home」を新発売した。 kW単価は19万円からと、これまでの住宅用太陽光発電システムの価格帯から考えるとかなり値頃感があるように思う。もちろん、この価格が最安というこ...
Looop(ループ)

40kW太陽光発電所(ソーラーパネル 約200枚)自作の事例と費用

この連休中、低圧の産業用太陽光発電所をほぼ自作(DIY)で設置される方のお手伝いをしてきたので、その模様をレポートする。 この発電所の設置場所は、埼玉県中部の某所で日照条件は良好である。 オーナーのNさんは、不動産業者に依頼して坪単...
シャープ

ホンハイはシャープを清算に追い込むのか?

台湾・鴻海精密工業(ホンハイ、英語の通称:Foxconn)によるシャープ買収に関して、深田萌絵さんがFacebookで発信していた情報より、以下お伝えする。 Barron's Asia(英語圏の財テク・メディアBarron'sのアジア...
シャープ

まさかの偶発債務?:シャープ再建、混迷が深まる

シャープ再建を巡る動きが、ここへ来て混迷の度を増している。 シャープが臨時に開いた取締役会でもいったんは、台湾のEMS大手・鴻海精密工業(ホンハイ)による支援(≒事実上の買収)を受け入れるということで決着をみたと思った。 ところが、25...
シャープ

ホンハイ、シャープの太陽電池事業を売却?

シャープの経営再建をめぐる状況は、刻一刻と新たな動きがあるようだ。 昨晩遅く、毎日新聞が報じたニュース本文の最後の方に一行、目を引くくだりを見つけた: シャープは鴻海が事業の切り売りをせずに一体で再建する方針を示したことを重...
シャープ

シャープの太陽電池事業、ソーラーフロンティアと統合か

シャープの太陽電池事業を昭和シェル石油傘下のソーラーフロンティアと統合すると日経が報じた。 産業革新機構は国内の太陽電池大手の全社と水面下で交渉していたと推測されるが、昭和シェル石油がシャープの救済先になるというこのニュースを知り少々...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました