太陽光発電施工見学・埼玉編(1)

米サンパワー製ソーラーパネルを採用したピッピさんの太陽光発電所施工
米サンパワー製ソーラーパネルを採用したピッピさんの太陽光発電所
この記事は約2分で読めます。

昨日8/9の金曜、太陽光発電ムラのお仲間、グリーンソーラー発電所・所長のMさんが施工中の太陽光発電所を見学させて頂く機会を頂いた。
(Mさんのブログ「不動産賃貸業視点からの太陽光発電所6基進行中!」)

先週の茂原で見た施工とはまた異なった段階であり、今回も太陽光発電の修行中である私には大変勉強になったことは言うまでもない。

日中のほぼ丸一日を密着して見学させて頂く形となり、今回の見学を快諾して下さったMさんには心より感謝申し上げたい。
という訳で、これ以降その太陽光発電所施工のハイライトをいくつかこちらでご紹介したい。

最初に訪れた場所は、埼玉県比企郡嵐山町某所。
こちらは出力17kWと比較的小規模な発電所である。埼玉県比企郡嵐山町の太陽光発電所
M氏によれば、隣接する農地も同じ様に耕作をしておらず、農地転用(農転)の手続きを申請したが、どうしても認めてくれなかったらしい。

もしこの農転が通っていたら、この嵐山の発電所だけで100kWほどとなり、わざわざ群馬など他の場所での発電はしなかっただろうとの話だ。

しかし、ここが17kWでしか作れなくなったために他の場所でも発電所を作ることとなり、その分苦労したものの色々と勉強にもなって結果的には良かったのかもしれない、とM氏はポジティブにとらえている。

その17kW太陽光発電の内訳は、写真でも分かるようにパネル13枚の列が縦に二つで一つのアレイを構成、それを2アレイ設置したもの。パネル1枚が327Wであるから、327×13×4=17004、ということで17kWとなる。(続く)

コメント

タイトルとURLをコピーしました