太陽光発電の施工契約@S社

施工
この記事は約2分で読めます。

津山のメガソーラー、総社市の400kWミドルソーラー施工現場を見学させて頂いた後は、岡山市内のS社の本店に向かい、施工契約を締結すれば本日の主な予定はほぼ消化となる。

茂山組の岡山本店ということで、S社の本店へ。こちらの建物の中も、ショールームのように架台やソーラーパネルを展示してある。

茂山組のソーラーパネル用架台
その上の3階の部屋にて、今回筆者が施行を依頼する50kW太陽光発電の施工契約書への署名や捺印、中国電力への系統連系の申請書や設備認定申請書への署名・捺印を済ませ、さらに今後の予定や施工日程、ローンその他の付帯的なご説明などをして頂いた。

施工契約への署名捺印によって、ハンファQセルズ社へのソーラーパネルの発注も掛かり、経済産業省への設備認定、中国電力への系統連系申請なども開始される。

Sさんによると、パネルの納期(約3カ月)や中国電力への連携申請などの予定から、実際に施工工事が始まるのは年明け2月下旬か3月上旬になるとの話だった。

うーむ。長い。。。

元はと言えば筆者の施工業者選びのプロセスに長く時間が掛かったのがすべての原因ではあるのだが、これでは年度内に売電開始というのが微妙なのだ。

Sさんに提示された納期も一応3月末に工事が完了、出来るだけ急ぐが、売電開始時期は最終的には電力会社(中国電力)の連係手続き次第、といった感じで説明を受けた。

最初の50kW太陽光発電所なので、こんなものなのかもしれないが…

来年2~3月のS社による施工までの間にも、本業はもちろん、より低利で有利なローンの契約、フェンス、遠隔監視用モニタリング・システム、防草シート、およびそれらの施工の手配など他にもやるべきことは色々とあるし、2基目の50kW発電所の土地探しも始めたいところであり、悩んだり後悔したりしている暇は無い。

頑張らねば!!!

コメント

  1. ムーミンPAPA より:

    はじめまして ムーミンPAPAと申します。

    いま、49KWの太陽光設置を検討していまして、
    パネルとしてQcellsを考えています。

    業者から2社の見積もりと発電シミュレーションを
    もらっているのですが、Qcellsのシミュレーションは
    他社に比べて発電量がかなり高いのですが、実際そちらではシミュレーションどおりに発電していますか。

    ネットで検索していてもなかなかこの手の情報が
    掲載されていないので・・・

    以上、突然申し訳ありませんが回答よろしくお願いいたします。

  2. bigfield より:

    ムーミンPAPAさま、始めまして。

    本ブログを良くお読み頂ければお分かりの通り、当方の発電所はまだ連係されていませんので、Qセルズのパフォーマンスもまだ私自身では確認できておりません。

    ただ、私の施工業者が自社で設置、運用している太陽光発電所では、他社の同等品よりもかなり良い出力だと聞いています。(営業の方が、自慢げにその出力を表示したタブレット端末で見せてくれる位です。)

    当方でのパフォーマンスについては、連係されて売電が開始され次第、こちらでの記事にてお伝え出来ると思いますので、今しばらくお待ち頂ければ幸いです。

    今後ともよろしくお願いいたします。
    bigfield 拝

タイトルとURLをコピーしました