太陽光発電所2号基の施工予定が決定

岡山南西部で計画中である当方太陽光発電所2号基の施工業者さんからメールで連絡が来た。2号基の工事の予定が決まったという:

架台3月末中国出荷
現地10日到着予定(早くなる可能性あり)
到着日より工事スタート

4月20日外線引込工事予定
20日以降完成次第連系

今回の施工業者さんでは、1号基の会社と異なり代金の支払いは施工前に分割で支払うことになっている。架台の工事開始前、パネルパワコンの設置工事前、連系工事の前、といった感じである。

ということで、費用の支払いなどの手続きを行うと同時に、雑草対策やフェンスなどについてもそろそろ手配を進めなければならない。1号基の雑草対策も初年度に中途半端なまま終わっており、この春から夏にかけてまた作業を行う必要があるので、この3月以降の週末は多忙を極めそうな状況である。

こんな調子で、太陽光発電の方がいよいよ始動する中、南仏への出張も折り返し地点を過ぎた。これまでの経緯は、なかなか厳しい感じだ。

今回のトレードショー、会期は明日の午前中までだが、最終日はカンファレンスが2セッションだけとなるため、展示フロアも早い所は今日の展示時間が終わったら、帰り支度をする可能性がある。(日本と違って、欧米ではこういった局面では各社が勝手に動く傾向が強い。)

従って、本日中にほぼ調査を完了できるようなイメージで臨まなければならない。

カンファレンスのテーマが不動産であると、先週出かける前に既に書いた通りだが、予想以上にスマート云々の話はやはりまだまだ少ない。スマートビルの云々…といった銘打ったセッションに片っ端から出ているのだが、パッシブなどによる省エネ化などの話が中心で、センサーを多用したスマートビルといったテクノロジー系の話にはなかなかならないのである。

それにしても、当初ある程度想定はしていたが、やはりブログの更新がなかなかできない。関係者の情報交換のため、あるいは顧客との会食など晩にもいろいろと予定が入り、たいていアルコールも入るので、夜半遅い時間に自分の泊まっている部屋に戻ると疲れて寝るだけと言う感じだからだ。

ともかく、泣いても笑っても今日1日と明日の午前中まで。
金曜の午後はスマートシティ関連で現地の視察・見学を行う予定で、そちらでは何らかの太陽光発電も拝めるかもしれない。

スポンサーリンク