太陽光発電向きM2Mルータ(続)

遠隔監視
この記事は約2分で読めます。

(「太陽光向きM2Mルータ力を鍛える」の続き)

簡単に言えば、太陽光発電システムを設置するときに、パワコンがRS-485に対応している(RS-485の端子が備わっている)かがまず重要。

パワコンにRS-485端子が無い場合、従来のような電流センサをパワコンの発電出力のコード(ケーブル?)に取り付けるしか電力の測定が出来ない。

しかし、RS-485がある場合、電流センサは既にパワコン側に備わっていてRS-485端子経由でパワコンの外に出力できるのだ。

筆者は、RS-485の有無に関わらず電流センサも必要なんだろうと思っていたが、それは誤解だった。

例えば、コンテック社の「Solar View Compact」もRS-485からの信号を集約して、インターネット経由でサーバに送り、パソコンやスマホのブラウザで確認できるようになっている。

筆者が先日、「ワイヤレスM2M展」のコンテック社ブースで聞いたのは、「Solar View Compact」に関する以下の三点:

  1. オムロンのパワコンに対応しているか?
  2. パワコンのデータをサーバに送るネットの回線として3G/FOMA/LTEは使えるか?
  3. 取り付け工事はどうすれば良いのか?

 

コンテック社の回答は、オムロンにも対応、3G/FOMAもネット回線として使用可能、取り付け工事は、必ずしも既に行った電線を掘り返したりする必要はなく、とにかくRS-485経由で信号が「Solar View Compact」に送られれば良いということ。

ここまでを確認して、確かに「Solar View Compact」で十分に行けると確実に分かったのがまずは収穫だった。

(続く)

コメント

タイトルとURLをコピーしました