太陽光発電向け土地探し@広島

土地探し
この記事は約2分で読めます。

9月1日の日曜日、今回の物件下見の最終日。
全ての日にきちんとアポを入れられなかったため、やや時間を持て余し気味な点はあったが、備前の物件は良さげであり検討を進める方向。

それはそれとして、折角あと丸一日あるので、見れる物は見ておこうと思う。
ただ、台風15号の余波で天気が悪い。広島や岡山を含む西日本にも大雨が降るとの話も。

そんなぐずついた天気の中をチェックアウトを済ませ、出かける。
どうしようかと思ったとき、ネットでチェックをしていた物件が東広島の付近にあったことを思い出し、クルマの中でパソコンを再度ネットに接続し確認する。

不動産屋には連絡しなかったのだが、大よその地名までは分るので、とにかくその場所まで行ってみることにする。

ということで、ナビゲーションをその地名にセットしクルマを走らせること半時間位。
東広島の街中からはかなり外れた中山間地へとやって来た。道幅が狭く、昨日の呉の行程を思い出したが、こちらの方は集落の中だけだからそれ程大したことはない。

太陽光発電向きの土地@東広島この土地は、元々宅地として造成されたものだ。

さらに大元は田んぼであったことが、周囲の稲穂が実っている田んぼや、もう耕作されていない元田んぼが、新興住宅地っぽく建てられている住宅を囲むというか、挟んでいるような恰好から分かる。

と言っても、本当にこの土地の一角がネットで出てきたその物件自体かどうかの確証は無いのだが… いずれにしても、物件所在地の周辺であることだけは間違いないはずなので、これではなくても多分、似たような元田んぼを宅地用に造成した物件なのだろうと想像。

宅地用に造成し、周りに住宅がある物件の場合、南向きで日当たりがよく、電柱と電線もすぐ近くまできているというメリットがあるので、価格や広ささえ見合えば太陽光発電にも向いているのではないかと思う。

あとは東広島駅や広島空港、山陽自動車道の最寄りのICなどからの距離だろうか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました