グリーンソーラー発電所・見学会(まとめ)

イベント
この記事は約3分で読めます。

早いもので、この太陽光発電システムの見学会を行ってもう1週間が経ってしまった。

この記事を書いているのは、1/25・土曜の未明だが、夜が明けたら筆者は羽田から大阪へと飛び、午後に兵庫県三木市で行われる発電所分譲予定地見学ツアーに参加する予定だ。さらに翌26日には、茨城県つくば市でソーラーシェアリングや植物工場の見学・取材を行う予定である。

【最終案内】第9回しげる会in大阪&発電所分譲予定地見学ツアーin兵庫県三木市  | 50kW太陽光発電ムラ拡大作戦本部

岡山に続いて、この兵庫の分譲型太陽光発電所を入手するか、まだ確信はない。
しかし、その可能性はもちろんあり、だからこそわざわざ飛行機に乗ってまで現地に見に行く訳である。

先週のソーラー発電所見学ツアーは、一応成功裏に終わったと考えている。

太陽光発電ムラのセミナーでは珍しくないのだが、東北や関西、岡山、九州などからも参加者の方はいらっしゃる。

太陽光発電ムラ・見学ツアー今回のプチソーラー見学では、なんと現在ベルギーに在住の方もご参加くださった。

嵐山から東京都内に戻るバスの中で、余興と言うほどのことは無いのだが、今回のプチソーラー見学ツアーにご参加された皆さんに是非ご感想をお聞きしたいと思い、都内に着くまでの小一時間ほどを使って、車内でマイクを回して一言ずつお話頂いた。

もちろん、当事者の我々の手前、本当は言いたいことがあったとしても、批判や苦情を面と向かって仰った方はさすがにどなたもいらっしゃらなかったので、本当の所は分からない。

それでも、皆さんがお話し下さったことが本心であったとするなら、

「実際の産業用太陽光発電所を良く見る事が出来て大変良かった」、
「現在、自身でも太陽光発電所の設置を進めているが、2基の区切り方や防草シートの施工など見る事が出来てとても良かった」

等といった肯定的なコメントを述べて下さる方がほとんどだった。

太陽光発電所の見学会また、今回も不動産関係のメディア関係の方(女性)がいらしたのだが、その方は今回の見学ツアーが大変に興味深かったことだけでなく、ご自身でも太陽光発電に取り組んでみたくなったとおっしゃったのである。

以上のような状況から、上述の通り、一応成功に終わったと思っているが、もしご参加者の方で、何かお気づきの点、改善すべき点などを太陽光発電ムラ・スタッフに伝えたいと思っておられるツアー参加者の方がいらしたら、是非コンタクトフォームやメールにてご連絡を頂ければ幸いである。

最後に、ご参加された皆様、不肖bigfieldはスタッフとして色々と至らない点も多かったかと思いますが、本当にどうもありがとうございました。

また、この見学ツアーの企画で最後まで奔走されたグリーンソーラー発電所・所長のピッピさん、バスガイドとしてご活躍されたAさん、本当にどうもお疲れ様でした。
(今日また、このお二人には兵庫で会っていると思うが・・・)

コメント

タイトルとURLをコピーしました