神奈川県の土地・屋根貸しセミナー

この記事は約2分で読めます。

土地・屋根貸しセミナーを神奈川県が横浜市で開催

筆者が現在在住の神奈川県が来月11日に土地・屋根貸し太陽光発電のセミナーと相談会を横浜で開催するそうだ。県の主催であり、入場料は無料。

土地・屋根貸しセミナー・相談会 ― 神奈川県

本業の仕事があるが、可能なようなら筆者もこのセミナー・相談会に参加してみたい。

元々、筆者は産業用太陽光発電に取り組もうというつもりはあまり無く、当初は戸建てに引っ越せたら太陽光発電をやりたいなぁ、位に思っていた。

しかし、都会の団地暮らしから中々離れられず、再生可能エネルギーの提供に関わることが出来る可能性は産業用の太陽光発電くらいしか無かったのである。

また、既に固定価格買取制度(FIT)の導入後3年目となり、安価な適地を探すのが難しくなりつつある野立ての産業用より、良い条件で屋根を借りられるのであれば、野立てに固執する理由もない。

屋根上設置やソーラーシェアリングも是非手掛けたい

さらに、広大な国土を持つ米国や中国などと違い、島国で供給量が限られた土地しかない日本では、やはり土地をどれだけ有効に活用できるかは重要だと思う。もちろん、都市と地方ではその深刻さは異なるが、どのような土地であれ、出来る限り単位面積あたりの利用度や価値を高められるに越したことはない。

その意味でも、野立てだけでなく屋根上の太陽光発電や農地での営農型太陽光発電、つまりソーラーシェアリングを手掛けてみたいと強く思うのだ。

ただ、10kW以上の産業用太陽光発電の買取価格が32円というのは、部材や施工の費用を可能な限り圧縮する必要があることは論を待たない。

また、神奈川でまだ採算に乗るレベルのコストで屋根や土地を借りたり、出来るかは何とも言えないのだが、まずは県や県内の業者などの話は聞いてみたいところである。

(神奈川県内であれば、筆者の現在のメイン金融機関である城南信用金庫の「エナジーシフト」という再生可能エネルギー向け融資も活用が可能であるというのも検討理由の一つ。)

コメント

タイトルとURLをコピーしました