トイレや睡眠は?【ソーラーインパルス】

(「オフグリッド・スマートハウスとSolar Impulseの共通点とは」の続き)

ソーラーインパルス

太陽光発電システムやオフグリッドなどに絡めてソーラー・インパルス2(Solar Impulse: Si2)のことを書いたら、少々硬い記事が続いてしまったかもしれない。

ということで、この記事では少し柔らかめに書いてみようと思う。
週明けでまた今週も頑張って仕事しなきゃ…という方は、是非休憩とか一服する時などにでも気楽に読んでみて頂ければ幸いである。

まず、この一連の記事の最初の方でもちょっと触れた、何日も連続する飛行の時に「トイレに行きたくなったらどうするか」。これは、ソーラーインパルス見学会の当日、マリーさんにバッチリ聞いてみた。

彼女の答えは、「座席の所に排便用の穴があり、そこから用を足す」とのことだった。

筆者は、宇宙飛行士の宇宙服のように大人用のオムツみたいな仕組みが装備された服でも着るのかと思っていたのだが、さすがにそれは無いようだ。その方がコストも掛かるのだろう(NASAでそういう宇宙服を着た女性が、以前男女関係のもつれから、そのような宇宙服を着たまま事件を起こしたことを思い出したw)。

あと、睡眠については、ソーラーインパルスには自動操縦機能が付いているので、夜間に飛行を続けながら、操縦者は仮眠を取れるとのことである。当然、自動操縦機能には、他の飛行機などをレーダーなどで探知しながら飛ぶ機能が付いているので、万が一ニアミスのような事態となったら、警報が鳴り仮眠中の操縦士を起こすとともに、危険回避も出来るような仕組みになっているのだろう。

この辺、1人乗りの冒険専用機とは言え、人命に配慮して万全の対策を取っているはずである。このプロジェクトに協賛しているパートナー/スポンサーの顔ぶれをみても、ソーラーインパルスのプロジェクトが無事に完遂されると考えて安心して参加しているように思われるのだ。

ソーラーインパルス2・コックピット部のカバー(@名古屋空港)

ということで、太陽王子の最新記事への反論となるのだが、Si2に乗って飛ぶ危険性、リスクに関してである。まずは、彼の記事の関連する行を以下に引用する:

1人でジャンボジェットの1/10のスピードしか出ない飛行機で飛ぶなんて想像すらできません。<中略>

もちろん操縦士はベテランのパイロットの資格を持った2人です。命の危険は私達が容易に想像できるくらいにあります。お2人とももう地位も名声も確立された方ですし、資産的にも恵まれた方でしょう。

そんな男たちが次世代へ夢と希望がつまったメッセージを届けるために命をかけて飛んでるんです。

筆者としても、Si2の飛行が一般的な旅客機に乗るのとはワケが違う冒険であることくらいは分かる。ただ、命を懸けているかと聞かれると、それは違う、と思う。

(続く)

※ お陰さまで、にほんブログ村の環境風力・太陽光発電の両カテゴリーで1位を達成しました。ありがとうございます。宜しければ、引き続きクリックして応援して頂けると本ブログを日々更新する励みとなります。よろしくご支援下さい!


スポンサーリンク