大寒波襲来の中、太陽光3&4号基の件で広島へ

ほぼ3ヶ月ぶりに岡山に来ている。とは言え、今回は大したメンテナンスの作業をしない。
というのも、今回の主目的は、広島での資金調達や土地契約関連の確認、電気工事関連の打合せなどだからである。

せっかく中国地方に足を運ぶので、ついでに岡山の太陽光1&2号基の状況をチェック、最低限必要なメンテ作業を行うという訳だ。

ということで、今回の出張は以下のような日程:

  • 1/23: 午前~午後:太陽光1号基@岡山県南東部
    • 電気工事のD社・O氏と打合せ
    • 晩に岡山市内泊
  • 1/24: 午前~午後:2号基@岡山県南西部
    • 夕方→広島市内泊
  • 1/25: 午前@金融機関で面談
    • 午後:土地の契約、現地の確認(天候により、可能であれば)
    • 晩:LCCにて広島空港→成田空港→自宅

いま話題?の夜行バスで岡山へ、帰路はLCC

今回もいつもと同様に夜行バスで移動した。ただ、つい最近、スキーツアーの夜行バスが軽井沢で大きな事故を起こし、近年まれに見る大参事となったことが全く懸念では無かったかと言われると多少気になった。

なので、夜行バスはちょっと…という感じはあるのだが、あれだけの大事故の直後は、夜行バス・高速バスの会社や関係者も当然、あんな大事故は起こさないように気を付けよう、ということで、多分大丈夫だろうという読みである。幸い、事故もなく今朝岡山に無事到着した。

「災害は忘れた頃にやって来る」などという格言というかキャッチフレーズがあったが、交通機関の事故もそれと同様だと思っている。もちろん、運が悪ければ、立て続けに起きた事故に巻き込まれるという可能性がないとは言えないが…

それにしても、なぜか筆者が岡山や広島に行くと決めた時に限って、天候が悪くなる。
一昨年だかの冬に施工会社に基礎の施工で立ち合いを求められて岡山に行った時も大雪が降り結構大変だった。

大雪で雪景色の岡山(2013年2月)

大雪で雪景色の岡山(2013年2月)

太陽光パネル設置位置の確認
太陽光発電パネル・アレイの設置位置を施主としても確認して欲しいため現地に来て頂けないかとの依頼を施工会社のSさんより頂き、今朝から岡山に来て...

今回の大寒波、土曜日は今の所大丈夫だったが、日曜日や月曜日がどうなるか…
運を天に任せるよりないが、なんとか広島まで行ければと思う。

セコめがね一応復旧、電気工事会社との打合せも完了

今日午前中の太陽光1号基での作業は、無事に終了した。
しばらくの間止まっていた「セコめがね」を何とか復旧できたのだが、これまでの経験から次にまたいつ落ちて止まるか分からない。そのうち、抜本的な対策が必要かと考えている。

セコめがね

夕刻近くのD社との打ち合わせも、ほぼ予定通りに終了。
D社にお願いする電気工事部分についての確認や価格交渉である。だが、価格面については、こちらからパネルやパワコンの正確な位置を出してから改めてという事に落ち着いた。多少の値引きはしてくれそうか?

1号基や2号基と異なり、3号基では部材の発注や電気工事を別々にすることでコストダウンを図っている。その分、どうしてもプロマネ的な工数は施主である自分自身の負担や時間的な負荷となる。

一社で全部やってくれる業者に丸投げするより遥かに大変だが、その分のコストをカットできるので頑張ってやるしかない。(この辺、EGさんやあやぱぱさんなどの取り組みを見て倣った部分)

今回、資金面での目途がつけば、とにかく大至急、基礎や架台の工事とパネル設置までの施工をどうするか、依頼する所はどの業者に依頼するかを決めなければならない。

スポンサーリンク

シェアする

フォロー(更新情報をゲット)する

スポンサーリンク