電気と脈絡のある申年、太陽光発電で更に頑張る

猿と太陽光パネル

猿と太陽光パネル(出典:Miikka Skaffari/Flickr)


2016年は(猿)年。昨年の干支、羊(ヒツジ)は、太陽光発電所の雑草対策にヒツジの放し飼い…といった関連があった。では申年の「サル」は?、という事でちょっと調べてみると:

漢字の「申」の原型となった古代文字を見てみましょう。
(中略)
「申」の字に近づいているのが分かると思います。
これらの文字は、『稲妻』を表しています。
(中略)
「申(神様、稲妻)」=「電(電気)」と考えると「電気」には神が宿っていて、
私たちの生活は神様のおかげで豊かになっているとも考えられそうです。

(出典:「『申』・・・神様を表す字」筆跡診断大辞典)

ということで、なんと申の字には神様が転じて電気の電の意味があった事を初めて知った。
ちなみに、「申」に似た字に中国語の簡体字で電の字を表す「」がある。いずれにしても、これらが電気の意味を持つことは興味深い。

2016年、太陽光3~7号基の施工を可能な限り進める!

閑話休題。

年明けということで、2016年の豊富というか、行動計画と目標など一応記しておきたい。
(例によって、筆者の得意(?)な備忘録と兼用ということで・・・w)

  1. 広島・3~4号基の施工と連系完了、売電開始
  2. 東関東5~7号基の施工
  3. 太陽光発電事業のために法人設立
  4. 本ブログサイトへのアクセス数を倍増
  5. 3本目の事業(年金的な収入)の柱を確立

昨日書いた進捗の表からも明らかだし、一年前に記した内容とあまり変わり映えがなく、忸怩たる思いも少なからずある。

だが、やはり一昨年から手掛けてきた太陽光発電の事業としての完成度を高めること、ネットからの収益をさらに増やすと同時に安定させること、これら二つとはまた異なる事業(安定した収入)の取得や確立を目指すこと、以外には考えつかない。

3.の法人設立は、もともとは節税などの面でやや漠然ながら個人事業から法人成りするイメージを持っていた。それが、現時点では資金調達(融資)とのセット、と方向性がより明確に定まったのは、ある意味で進歩と言える、と前向きに解釈w。

本ブログと本職の仕事や記事との相乗効果を出したい!

上記の5項目に希望的な目標というか願望も加えて記しておくとするなら、以下の2つ:

  1. セルフ・ブランディングの確立
  2. 本(著書)を出す(6.とも関連する項目)

あまり多くの目標を持ちすぎても恐らく実現できないと思うが、どこかにはっきりと書いたり、明言したりしない限り、やはりそれ(ら)を叶えようとする思考や行動が伴わず、夢のままで終わってしまう公算が大きい。

そこで、本ブログにて公言することにより、はばからず「思考の現実化」を図りたい。

ぶっちゃけ、本職絡みでは太陽光発電を含む環境技術に関する署名記事をネットメディア中心に結構書き散らしているし、それらの新聞への転載やニュースレター関連でも署名記事を相当に書いている。

しかし、それらとこのブログとの接点を今の所はまったく持たせておらず、個人的には非常にもどかしいというか、もったいないというか、悶々とした気持ちを抱きながら、この1~2年ほどを過ごしてきた。

太陽光発電に手を染め、かつ本ブログを書き始めて3年目を迎える今年こそ、このような現状(status quo)から願わくば脱して次のステージへと駒を進めたいと考えている。
 
 
ということで、最後になりましたが、謹賀新年。今年もどうぞよろしくお願い致します。

(Photo credit: Miikka Skaffari via VisualHunt.com / CC BY-NC

スポンサーリンク