太陽光発電に最適な某高級車ディーラーの屋根

ある大手自動車メーカー系高級車ディーラーの屋根屋根貸し
ある大手自動車メーカー系高級車ディーラーの屋根。太陽光発電パネルを載せるのにちょうど良いと思った。
この記事は約3分で読めます。

かなり広い陸屋根だが、太陽光パネルは一枚もナシ

某大手自動車メーカー系高級車ディーラーの屋根

某自動車大手系高級車ディーラーの屋根

都内城南地区の某所に「今やらなきゃならないこと(後述)」に関する用事で本業の仕事の前に出かけた。
その某所でビルの12階まで上り、少し待たされた間にふと眼下を見ると、ある高級車ディーラーの店舗とその屋根が目についた。

その時に、ふと思ったのが

もったいないな~、あのディーラーの陸屋根。
太陽光発電パネルを載せれば、売電収入がかなり上がるのに。
しかも、意識の高い富裕層の顧客にエコの取り組みをアピール出来るし、多分節税メリットなんかも結構あると思うんだけどな~…

ということ。

筆者の現在暮らしている神奈川県は、現職の黒岩祐治知事が就任してから、太陽光発電の普及にはかなり力を入れており、県有施設の屋根貸しや、民間の店舗や施設などでも屋根貸しマッチングなども行っている。

まぁ、そういった仕組みなど使わずとも、上述の都内ディーラーはかなりおカネを貯めこんでる某メーカー系列だから、内部留保から少し捻出するだけで10kWや20kWくらいの太陽光発電システムなど簡単にああいう店舗の広い陸屋根に設置できるだろうに、と思ったのだ。

ただ、このメーカーは技術は持っているのに電気自動車(EV)やプラグインハイブリッド車(PHV/PHEV)にまだ本腰を入れていないからというのもありそうだ。

もしEVやPHVの販売に力を入れていれば、自ずと充電施設も設置するだろうし、そうなると今度は化石燃料を燃やして作った電気じゃなく、クリーンなエネルギーをお客が充電して使えるようにしてあげたいよね、となって、太陽光発電も導入しそうなものだ。

件の大手メーカー系高級車ディーラーは、一体いつになったらEVやPHVをラインナップに加え、ソーラーパネルや充電器を各店舗に設置するのだろうか。

そんな事を考えていた、仕事前の朝のひと時だった。

雑感

最近、なかなかブログの更新が出来ない。

現在、二足の草鞋どころか、三足の草鞋を履いている状態だからだ。
本当は、本業の仕事とこのブログを中心とした太陽光発電関連のコトをもっと進めたいと思う。

だが、どうしても今やっておかなければならない事があるので、これも選ばれし者の運命だと思い、粛々とある準備を進めている。今週の金曜日が一つの節目になる。

その後、少し余裕が出来るが、まだその後もさらに色々とやらなきゃならないことがあるだろう。

ただ、太陽光発電ムラのモニター会員の掟wでは、ブログを一日二回更新しなければならないのだ。それは無理でも出来れば最低毎日一度は更新を続けたいが、どうしても穴が開いてしまう日も出てくる。

それでも、とにかく書ける日には書いておく。
ということで、慌ただしかった今朝ふと思った事をサクッと記しておいた次第。

コメント

タイトルとURLをコピーしました