台風19号:10年ぶり1年に4個の台風

天災
この記事は約2分で読めます。

台風19号(2014.10.13午後1時)
(出典:気象庁・気象衛星のデータ)

台風19号、本日午後1時の時点では、宮崎県日向市付近を北東に移動中である。

日本への上陸に伴って、当初の規模や勢力はかなり衰えた。天気概況によると、中心気圧は975ヘクトパスカル(hPa)、最大風速は30m/秒、最大風速は45m/秒となっている。

勢力が衰えたと同時に、足も速くなった。当初時速10kmと自転車並みだったのが、現時点では時速35km/hと原付並みとなったので、暴風雨域に入っても比較的短時間で過ぎ去ってしまうのではないかと思う。

西日本では、まだ台風の影響が大きいが、ルートとしては鹿児島~宮崎~四国の太平洋側となっている感じで筆者の発電所がある岡山は、雨風があるとしてもそれほど大きな被害が出るとは考えにくいようで、少々安堵している。

ちなみに、この週末に予定していた作業は他の事情もあり残念ながら中止とした。結果的に簡易モニタリングの設置がまたしても遅延してしまったのだが、現地にいても雨風があると作業をしてもあまり捗らなかっただろうと思うので、改めて予定を立てたい。

もし今回、岡山まで行っていれば、それほど作業が進まなかった割に、帰路で台風と一緒に移動するような感じとなって、下手をすると運休とか、途中で停止等と言った展開も考えられたので、その意味では良かったかもしれない。

と、こんな感じで台風19号もなんとかやり過ごせそうだが、もちろんまだ油断するのは早いので、読者諸兄におかれても十分にご注意頂きたい。

関東地方も今日の夜半から明日の午前にかけて台風が通過すると見られる。

18号と同様にまたしても通勤・通学の足に影響が出て、びしょ濡れになりながら通勤しなきゃいけないのかと思うと少々憂鬱だが・・・

コメント

タイトルとURLをコピーしました