過積載プチソーラーの事例(1)

Looop(ループ)
この記事は約3分で読めます。

【プチソーラー探訪シリーズ】
"あやぱぱ"氏の「過積載」太陽光発電所

Looopの太陽光発電キットを採用、76kWの「過積載」

昨日の土曜日に、太陽光発電ムラで「過積載番長」との異名をお持ちの”あやぱぱ“氏と、”E爺(E.G.)“氏の太陽光発電所を見学させて頂く機会を得たので、以後何回かに渡ってお伝えしたい。

場所は千葉県との県境に近い、茨城県鹿嶋市の某所。

こちらで太陽光発電をE爺さんがまず始められた(コチラについては後述)。その後、太陽光発電ムラを介してE爺氏と知り合いとなられたあやぱぱ氏も隣接した土地にて、巷で話題の過積載型プチソーラーを設置、先ごろ無事に系統連系が完了して売電が開始されたという経緯がある。

今回、あやぱぱ氏に取材・見学を依頼させて頂いた際に、彼には「E爺さんの取材を先にすべきかも」との示唆を頂いていたのだが、幸い昨日ご両名とも現地にて作業をされていたので、両方とも見せて頂き色々と興味深いお話を聞かせて頂くことが出来た次第。

ということで、あやぱぱ氏のプチソーラーだが、既に関連記事のコメントにてご教示頂いていた通り、Looop社の太陽光発電キット「MY発電所キット7672」を改造し76kW相当に拡張採用していしたものである。

Looop社製・太陽光発電キット

発電所の広さは1390㎡とのことで76kW分のソーラーパネルを設置してもまだ余裕がある。

あやぱぱ氏は、ここに低圧連係で2基を設置したいとの意向を元々お持ちだったという。ところが、例によって「みなし高圧」となり連系ではるかに時間がかかってしまうこととなるため、筆者と同様に低圧1基のみでの設置に計画を変更。

その代償として、同氏はコストパフォーマンス追及のためにパワコンに対しパネルの出力を可能な限り高める「過積載」技術を追及することにされた訳である。

(この辺の経緯に関しては、カラオケ用マイクの技術に関しては太陽光発電ムラ内で右に出る者がいないあやぱぱ氏の「エンジニア魂」をひしひしと感じる。彼の太陽光発電に対するこだわりについては順次お伝えしていくつもりだが、技術者としてのキャリアを早々に放棄した筆者との違いを感じてしまった…)

本社・事務所も太陽光発電所の用地内に設置

過積載型プチソーラーとしてもまだ土地が余るため、事務所もここに設置された。

あやぱぱ氏の現地事務所

電気は既に使える状態となっており、今後はインターネットや監視カメラの設置も可能なように「有線で通信インフラも設置したい」(あやぱぱ氏)という。

この事務所の建物自体は、知人の方に譲って頂いたそうで、あやぱぱ氏の人脈の広さや人柄の良さを示唆するエピソードだと感じた。

あと、どうでも良い話ではあるが、この「アジト」は男なら誰でも少年時代に一度は夢中になったのではないかと思う、「基地」を連想させるものでもあった。

筆者も発電所の北側の余った土地にこういったアジトを置きたいという気持ちがあり、今回の見学でかなり影響を受けてしまったように思う…

(続く)

コメント

タイトルとURLをコピーしました