プチソーラー見学ツアー・ルポ(1)

しげる会
この記事は約2分で読めます。

太陽光発電ムラ・発電所見学ゼロエミッションツアー
太陽光発電ムラ主宰のプチソーラー見学ゼロエミッションツアーが、昨日無事終了した。

ムラの中心人物である太陽王子がドイツ出張で不在ではあったものの、見学先であるグリーンソーラー発電所・所長のピッピさん、バスガイドの大役を務められたA嬢を中心に、筆者もスタッフとして至らぬながらも加勢させて頂き、なんとか無事に遂行することができた。

夜型で早起きが苦手な筆者なのだが、昨朝はきちんと5時半には目が覚めた。「まるで遠足に行く小学生のようだなw」と1人で自嘲し内心苦笑しつつ支度をし、集合地の西武池袋線・練馬駅へと向かった。

ただ、いつも使うパスモが出がけに見つからず、探していて自宅を出る時間が遅くなり、スタッフの癖に駅に到着したのが集合時間ギリギリ、既に一般の参加者の方々も何名もいらっしゃったので、大変に恐縮してしまった(汗)。

また、ドタキャンの方があったりなどもしたが、ともかく予定通り午前8時頃には出発が可能となった。

リボーンの壱岐代表全員がマイクロバスに乗り込み、出発の前に今回利用したバイオディーゼル燃料(BDF)バスのベンダーであるリボーン社・代表の壱岐健一郎氏から、BDFやバスについての簡単な説明を頂く。

通称「天ぷらバス」と呼ばれるBDFを使用するこのバスの燃料が食用油の廃油を精製して作られることなどをお話し頂いた。

「排気ガスからは微かに天ぷらのような匂いがすると思うので、良かったら是非嗅いでみて下さい。」とのことで、ご参加された方も実際に匂いを嗅いでみた方もいらしたようだ。

ゼロエミツアー・バスガイドのA嬢壱岐氏がお話を終え下車し、いよいよ群馬県高崎市に向けて出発進行。

発車後に、太陽光発電ムラ専属のバスガイドA嬢が、挨拶や注意事項の説明などを行った。

(にわか仕込みにしては中々サマになっており、この後に面白いハプニングも起きたりするのだが、それについては後述。)

グリーンソーラー発電所・所長のピッピさんさらに、本日見学するプチソーラー・グリーンソーラー発電所の所長・管理者であるピッピさんからも、ツアーに関しての挨拶があった。

そうこうする内に、我々を載せたマイクロバスはほどなく関越自動車道に乗り、一路群馬県高崎市へと向かう。

(続く)

コメント

タイトルとURLをコピーしました