分譲型(産業用)太陽光発電の説明会

分譲
この記事は約2分で読めます。
分譲型太陽光発電セミナー(イメージ)

分譲型太陽光発電セミナー(写真はイメージです)

土曜日の午後、都内で行われた分譲型太陽光発電システムの説明会に参加してみた。
一応”セミナー”と称していたし、参加すればしただけの勉強にはなるが、これはもちろん営業目的のものであり、当然参加費用も無料。

太陽光発電業界ではかなり有名な無料一括見積サイトとある施工業者がタイアップして開催したもので、さすがに知名度が高いサイトだからだろう、84名のキャパシティがある会議室は始まったときには2/3ほどが埋まっていて、開始後にもちらほらと人が来た結果、70名程度は参加していたようだ。

録音や録画こそしなかったが、一応メモを取り、パンフレットももらってきたので、これ以降で何回かに分けてご報告してみたい。

まず、無料一括見積サイトの運営会社の社長N氏の挨拶があった。
同氏によると、太陽光発電業界には3つのうねりがあるとの話。

まず一つ目が住宅用太陽光発電。二つ目が全量買取制度。そして三つ目が分譲型太陽光発電だそうである。

同氏の会社が運営する無料一括見積サイトの歴史との絡みで説明しつつ、それらのサイトの紹介も織り交ぜていた訳である。

この会社ではネット上での太陽光発電業者と購入者とのマッチングに徹しており、自社では発電などは行っていなかったと思うが、興味深かったのは、

「産業用の一括見積サイトでも問い合わせが多数あり、セミナーや販売を行うと即完売の状態」

とか、

「現在の(産業用)太陽光発電市場は、需給バランスが崩れている。需要に対して供給が全然追いついていない。」

といった発言である(半分は煽りトーク?でも、半分は本当だろうと思う)。

マッチングサイトだけでも、お客さんの声を知っている強みだろう。
それなりの紹介料を取っているはずだが、集客力が無い施工業者がたくさん頼ってくるはずである。
(続く)

コメント

  1. 神山 直也 より:

    群馬の前橋に発電所用地を確保し低圧2期で約80kwを来年2月中に設置完了予定の者です。
     こちらは初めて拝見させていただきました。確かに、上記用地を確保する間にも、照会案件が飛ぶように捌けてしまっていました(8月くらいの話ですが)、どうしようかなと数日迷っているうちにどんどん設置業者提示の対象地がなくなってしまい、正直用地確保のタイミングに焦りを感じました。
     また、来年度の売電価格は消費税込34円見込みとか…消費税の益税は買い取り価格42円・38円組みに絞られそうです、今年度がラストチャンスであったようです(後4ヶ月ほどありまだ終わってませんが)。

  2. bigfield より:

    神山さま、

    初めまして、コメントと関連情報をどうもありがとうございます。また、お返事が遅れ大変失礼しました。

    やはり、時限的な措置で早い者勝ちな状況ということで動きが早いですよね。

    私も少し高いと思いつつ、エイヤで発電所用地の取得を決めたのも、それを見送ると恐らく当分、それと同等の条件の良い物件は見つからないだろうと感じたからでもあります。

    出来れば、今年度中に、もし今年度が無理でも何とか来年度内にあと1基は作りたいと思っています。

    今後とも色々と情報の交換が出来ましたら幸いです。

    どうぞよろしくお願いいたします。

タイトルとURLをコピーしました