太陽光発電ムラ防衛軍の新秘密兵器:刈払機

太陽光発電所で今週末に行う作業に向けて、ボチボチ準備を進めている。

前回の行程ではオフグリッドの太陽光発電システム設置だけで時間切れとなり、雑草の方までほとんど手が回らなかったので、今度は雑草の方も必ず作業を行うつもりである。

太陽光発電所の雑草

風の谷発電所のNさんにも示唆されていたのだが、手作業ではちょっと厳しい感じなので機械を使う。具体的には、こういう時に使うのは「刈払機」というものだ。幸い、発電所から遠くない場所に営業所のある建機レンタルの会社からリーズナブルな料金で借りられることが分かったので、それを使うことにした。

この刈払機、以前、発電所に行った時に、周囲の田んぼや農地の方が使っているのを見たことがあるが、自分で使うのは今回が初めてである。

刈払機は初めて…ということで使い方など当然分からないことだらけなので、グーグル先生に尋ねて一応の予習をしている所だ。

例えば…

  • 刈払機は刈刃の左上側だけを使う。右上方を使うのは危ないので避ける。
  • (このため、右から左に刈払機を動かして草を刈る)
  • 高速で回転する刃が石ころ等に当たって弾き飛ばされると目に当たる可能性もあるので、保護メガネやゴーグル、ヘルメットの防護ネットなどで目を保護する
  • チェーンソー等と同様に振動で手がやられるので、長時間の使用を控える
  • (1日の作業時間は2時間程度までが適切)
  • 25ccエンジンの刈払機だと、燃料を満タンにして大体1時間程度もつ(らしい)

 

刈払機の扱いに熟練した人なら、100坪の草刈りを40分ちょっと位で出来るようだ。

筆者の太陽光発電所は280坪程だが、部分的に防草シートを敷いてあったりするので、実質的には200坪くらいだろうか。とすれば、熟練者なら2時間足らずで刈れると思われるが… 

気温も下がってきて雑草帝国の兵士達もそろそろ弱ってきているはずだし、なんとか頑張ってみたい。

スポンサーリンク

シェアする

フォロー(更新情報をゲット)する

スポンサーリンク