プチしげる会in広島が無事に終了

広島プチしげる会 (2015/10/02)

広島プチしげる会 (2015/10/02)

広島で初のしげる会:密度の濃い情報交換を実施

太陽光発電ムラ(中国支部)として初の「しげる会」を一昨日の金曜日に広島で開催した。
今回は総勢6名ということで、「プチしげる会」という形だが、少人数な分だけ密度の濃い情報交換が出来たのではないかと思う。

参加された方々は、概ね既に太陽光発電所を運営されている方が多く、中には副業ながら既に7基を運用中という猛者の方もいた。筆者など、やはりまだまだである。今回の会合も非常に刺激を受けた機会となったことは確かだ。

太陽光発電ムラとしてのネットワーク作りは、岡山での活動が先行している訳だが、岡山も最初は数人の集まりからで、徐々に拡大してきている。広島の方も産業用太陽光発電を手掛けている方は大変多いようなので、今後も横の繋がりを強化していければと思う。

特に、固定価格買取制度(FIT)における買取価格の下落や出力抑制、設備認定のタイミング変更など、FITを取り巻く状況は大きな転換期に差し掛かっており、情報の有無が事業の成否を分けるといった状況も今後出てくるかもしれない。

ダメ幹事、ご容赦 m(_ _)m

ところで、前回の岡山プチしげる会もそうだったのだが、今回も幹事・中国支部長である筆者が遅刻、それも大幅な遅刻であり、ご参加された皆様には大変ご迷惑をおかけしてしまい、申し訳なかったと反省しきりである。

言い訳をさせて頂くと、当日朝に成田発の格安航空の便で広島に午前10時半頃には到着の予定が、機体のトラブル(乗客の誰かに聞かれたキャビンアテンダントの答が、何とかと油圧系統の故障、と聞こえた)によって成田に引き返して、再度の出発となり結果的に当初の予定より2時間も遅れてしまったのが尾を引いた。

(これまで何度となく飛行機には乗っているが、機体トラブルで元の空港に引き返すと言ったパターンは今回が初めてだった。まぁ、トラブルが分からなくて飛んでしまい、後から落ちるよりはこちらの方がはるかに良いが…)

また、遅刻の割に朝寝る暇があまり無かったため、アルコールが相当に入るとしょっちゅう舟を漕いでしまう始末… 醜態をさらしてしまい、大変恐縮だった。

とは言え、上述のように太陽光発電を行う人同士の情報交換や親睦の機会を提供できたという意味では、多少なりともお役に立てたのではと思うので、これに懲りずにまた次のしげる会を開催出来ればと思う。

今回ご参加出来なかった方も、次回は是非ご参加頂ければ幸いである。

最後に、今回いろいろとお手伝い(というより、場所決めや調整など実質的に幹事としてのお仕事)して下さったSさんには、特に感謝申し上げたい。Sさん、どうもありがとうございました。

スポンサーリンク