オフグリッド

スポンサーリンク
Looop(ループ)

Looopの在庫処分セールに参戦:狙いは100Wパネル

情報交換会とLooop在庫処分セールへの高い関心 昨日のイベント情報、アクセス解析の方にも一応反映されていたようだ。 ただ、カレンダー・プラグインで書いたページを通常のブログ記事の更新として反映できないため、情報が埋もれてしまうのだろう...
イベント

オフグリッドと市民発電にみる電力自由化の希望と失望

本日はNPO法人「みたか市民共同発電」さん主催のセミナーに参加してきたので、それについて取り急ぎレポートしたい。 このセミナー・イベント、タイトルは、「講演会 "あの"佐藤千佳さんに聞く『電力完全自給生活』&市民発電説明会」となってお...
技術

オフグリッド・スマートハウスとSolar Impulseの共通点とは

(「50kW太陽光発電所で世界一周」の続き) ソーラーインパルス2(Solar Impulse 2: Si2)の技術的なハイライトのもう一つ、蓄電池について触れておきたい。 系統網に連系する一般の太陽光発電では、太陽光の出力変動を需要...
エネルギー政策

太陽光発電、終わりの始まり?

昨日の午前早くの日経電子版の記事で、次のような報道があった: 再生エネ買い取り、登録制 経産省 太陽光総額に上限 大義名分は、再生可能エネルギーで太陽光以外の地熱やバイオマスとのバランスを取るということだ。だが、それらが太陽光と...
固定価格買取制度

太陽光発電の買取価格が20円台に

太陽光発電市場は、その名とは裏腹に雨模様、それも大降りという状況だ。 出力抑制を事業者、個人の余剰買取レベルの太陽光発電にまで拡大するという方向に加えて、固定価格買い取り制度(FIT)の買い取り価格がついに30円/kWhを下回るという...
エネルギー政策

“ガラパゴス”日本の「サプライレスポンス」

太陽光発電(正確には再生可能エネルギーだが、現状ほとんどが太陽光なので以下も太陽光とだけ言及して書き進める)の急増による一般電気事業者(東電など大手電力10社)の系統容量の上限問題を受けて、経済産業省が具体的な対策案を発表した。 太陽...
ビジネス

太陽王子の起業成功事例から考えたこと

太陽光発電ムラ・新潟合宿セミナーのトリは、もちろん太陽王子である。 これまでにも、彼の講演は何度か聞いていたが、この合宿でのセッションはその集大成とも言える内容だった。 講演の前半は、太陽王子が独立起業する前後から現在に...
遠隔監視

オフグリッド・太陽光発電システムだけは完成

雑草と簡易モニタリング(遠隔監視)のどちらを優先するかと言えば、やはり簡易モニタリングの方である。 雑草も確かに作業が必要ではあるのだが、発電量のチェックをネット経由で行えるように早くしたいこと、雑草の方はこれから気温が下がるため、さ...
ブログ

雑草帝国:セイタカアワダチソウの攻撃

三週間ほど前のリベンジということで、三連休となるこの週末に岡山にて作業を行う予定でいる。 今回は、伸び伸びになっている簡易型の遠隔モニタリングの設置と、それについ最近明らかになった雑草の対応がメインである。 モニタリングの方、ネ...
脱原発

「私たちの貯金や電気料金が東電を支えている」

オフグリッドの太陽光発電を提唱し自らも実践している環境活動家・田中優氏のメルマガにはいつも結構刺激的な文面が多い。その最新号から少々引用させて頂こう: ◆ 私たちの貯金や電気料金が東電を支えている ◆ 田中優より 「3銀行...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました