太陽光発電向き土地探しに苦労

土地探し
この記事は約2分で読めます。

太陽光発電向き土地このブログでは当方が太陽光発電により個人年金を構築する過程を読者の皆さんに報じていくというのが大きな趣旨の一つなのだが、その最初の段階がなかなかクリアできない。

つまり、太陽光発電向きの土地を入手または調達するというステップだ。
太陽光発電ムラのモニター会員の方々や、その他参考にさせてもらっているサイトなどを見ても、やはりこの土地探しで難航しているケースがかなり多いように見受けられる。

太陽光発電に向いた土地の条件というのは、一般的な不動産――それが一戸建てであれマンションであれ、または商業用物件であれ――とはかなり異なる。

しいて言えば、共通点として居住用物件と同様に南向きの日当たりが良いという条件がある程度だろうか。あと、集中豪雨に見舞われた際に洪水で水没するような地形の場所も居住用の土地と同様に避けるのは賢明ではある。

それ以外には、まず取得もしくは賃貸価格が安いこと、電柱や電線に近いことなどが重要なのだが、駅からの距離とか、生活のための利便性とか、そういうことはあまり関係がないと言う特性がある。

もちろん、自身で(または業者さんに委託して)ソーラーパネルのメンテナンスや草刈りやらといった作業を例えば月に一回やろうと思えば、自分の拠点から近い、またはアクセスし易いに越したことはない。しかし、頻度的にはそれほど便利でなくてもクルマでそれほど時間を掛けずに行ける距離であればあまり大きな問題ではないだろう。

しかし、利回りやペイバックタイム(PBT)を考えると、とにかく土地の取得コストには敏感にならざるを得ない。

逆にいくら安い土地でも、農地で作物を植える以外の目的に転用が出来なかったり、または電柱から遠いため系統連系するだけで何十万円も掛かったりするようでは太陽光発電向きの適地とは言えないのである。(続く)

コメント

タイトルとURLをコピーしました