市場動向

スポンサーリンク
市場動向

500Wは当り前? SNEC2020にみる太陽光パネル高出力化

中国・上海のSNEC2020、500W超の高出力パネルが百花繚乱に 8月7日から10日まで中国の上海で開催された「第14回 SNEC国際太陽光発電、スマートエネルギー(上海)展示フォーラム」(SNEC2020)では、多くの太陽光パネルメー...
市場動向

太陽光発電で後悔しないために:設置費用のトレンド

家庭用太陽光発電システムの例 太陽光発電(家庭用)では、本当に7割も損をするのか? 家庭用(住宅用)太陽光発電システムの設置費用のトレンドをちょっと調べ、分析してみた。 家庭用では、最近の傾...
市場動向

太陽光パネルの2015年世界市場ランキング、日本勢はトップ10から脱落

太陽光発電関連のウェブメディアPV-Techが、太陽電池・太陽光発電パネル製造メーカーの出荷量に基づく2015年の世界市場上位10社を発表した。そのランキングと順位は以下の通り: トリナ・ソーラー(Trina Solar) ...
市場動向

ソーラーパネル付き住宅はいくら高く売れるか?

ソーラーパネル付き一戸建てが高く売れる米国の場合 太陽光発電システムを設置した物件は、資産としての評価額が高くなる―― 筆者のような太陽光発電マニアにとっては嬉しくなる、このような調査結果が米国で明らかとなった(記事下のリン...
市場動向

出力制御による損失補償サービスのまとめ

パナソニックなどが提供を開始した太陽光発電向けの出力抑制補償について、先月の初め頃に書いた: その後、パナソニックと前後して出力抑制または出力制御による損失に対する補償を自社の太陽光発電システムなどを購入した顧客へのサービスと...
市場動向

インリーが”主役”:太陽電池業界の再編劇/第三幕

早ければ今後1年かそれより早い時期に、太陽電池セクターで業界再編ないしメーカーの統廃合といった大きな動きが顕在化する可能性がある。 主役となりそうな企業は、中国のインリーソーラー、それにかなりの確率で日本のS社といったところか。サンテ...
市場動向

ゼロ・エネルギー・ハウスは住宅用太陽光発電の牽引力となるか

現在、住宅用太陽光発電で比較的有望そうな分野は「ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス」関連かもしれない: 元ネタの詳細については上記の政府外郭団体のサイトの情報をご確認頂ければと思うが、かいつまんでそのポイントや筆者の考えなどを本...
市場動向

住宅用太陽光、新築一戸建てと建売住宅が牽引

独立行政法人 住宅金融支援機構(旧住宅金融公庫)が、「住宅取得に係る消費実態調査(2014年度)」を発表した。 この調査は、同機構によると「住宅取得に伴う耐久消費財等への支出の動向及び消費を取り巻く環境等に関する見通しを調査したもの」。隔...
ソーラーフロンティア

ソーラーフロンティアが出光興産グループ入り

昨30日はエネルギー分野の企業動向で、太陽光発電にも少なからず影響がありそうな大きな動きが二つあった。 まずは、出光興産と昭和シェル石油の経営統合。以前から動きがあったのだが、紆余曲折を経て遂に両者間の合意に至った: ロイヤ...
市場動向

住宅用太陽光発電は、価格破壊か市場活性化か

家庭用太陽光発電の国内市場もついに「血の海」に 太陽光発電の国内市場に関して、1週間ほど前の日経電子版に掲載された記事がある: この記事を読んで思い至ったのは、この夏以降の国内の住宅用(家庭用)太陽光発電システムの市場で競争が激化し、恐...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました