償却資産税の申告で1.4%ほど憂鬱になる

市から償却資産税を申告しなさいとダメ押しの封書が…

昨年だっただろうか、償却資産税なるものがあることを初めて知った。

太陽光発電所の運営を始めて太陽光発電ムラの界隈で償却資産税に関する話題が出ていたこともあり、筆者もその内に払う事になるのかとは思っていたのだが、やはり筆者の発電所のある市の役所から償却資産税を申告しなさいという封書が送られて来た。

実はその償却資産税の申告の連絡が来たのは今年の7月頃だったのだが、面倒だったり申告書の記入方法が良く分からなかったりで、ほったらかしの状態だった。ところが、今月になってまた同じ封書が再送されてきた(汗)。

先に送付したのが郵送の手違いか何かで届いていないと市役所の担当者が判断したのかもしれない(実は、筆者の怠慢でまだ提出していなかっただけなのだがw)。ともかく、今回またダメ押しのような形で償却資産の申告をしなさいとの通達が来てしまったので、先の週末に重い腰を上げ申告書に記入をしていた。

償却資産税の仕組みをまだ完全に理解していないのだが、これまでに聞いていた限りでは固定資産税と償却資産税の両方を払わなければならないとはいえ、償却資産税を払うことになると固定資産税の方が少し減るとか、勝手にそんな風に希望的な観測をしていたのである。

土地の固定資産税に加えて発電所の償却資産税を納付?

だが、改めて償却資産の申告のために今回ネット上でいろいろと調べてみる限り、所有する土地には固定資産税が掛かり、その上に設置した太陽光発電所(償却資産の種類は、「構造物」か「機械及び装置」か少し迷ったのだが、国税局などによると「機械及び装置」の範疇になるらしい)には償却資産税が掛かり、単にそれぞれを納付するようで、憂鬱に感じてしまった。

筆者の1号基の土地は、固定資産税がかなり高く年間で7万円あまりも取られる。これに加えて、償却資産税が恐らく10万円以上(取得価額から減価償却で算出した残存価額の1.4%)掛かるようだからだ。

太陽光発電ではグリーン投資減税があったが、優遇措置のために償却資産税も最初の3年間は課税額が2/3に減免されるそうなのである。だが、それでも10万円の大台を超える税金を払わなきゃならない…

1号基の場合、公庫の融資返済もあるため、売電収入のうち手元に残るのはまだ半分もないのに、償却資産税でさらに年間に10万円+αをまた税金として持っていかれるのは、やはり痛い。

最終的に、いくらの償却資産税を納付するのかは、この申告書を提出してからいずれ分かると思うが、マジでそう簡単には楽して儲けさせてくれないな~と感じる。

仕方ないからという訳では無いが、少しでも節税をしようと思い、昨日は「ふるさと納税」の寄付を行った。今年は既に2回ほど寄付を行ったのだが、まだ控除枠は使い切れていないので、年内にあと2~3回ほどふるさと納税で住民税の節税をせっせと行いたいと考えている。

スポンサーリンク