西高野ソーラーシェアリング発電所を見学(1)

(「つくばサイエンスツアー」からの続き)

大阪から乗った夜行バスで、1/26(日)の午前6時半近くに新宿に到着した。

その足で日暮里と北千住を経由し、「つくばエクスプレス」にて終点のつくば駅へと向かった。

実際、新宿に着くまで、見学ツアーの集合時間に間に合うとは予想していなかったので、つくばまで行くのに間に合う時間に新宿に着いたのは嬉しい誤算だったのである。

つくばには8時過ぎに到着、待ち合わせ場所でスタッフの方に名前を告げバスに乗り込む。

太陽光発電ムラのツアーの時にもドタキャンが一人いたが、今回も時間になっても現れない人が一人いたようで、筆者も含み時間までに集合した人はバスでしばらく待たされた。
(自分も間に合わなくなりそうだったので、あまり偉そうな事は言えないのだが…)

結局8時半を過ぎても姿を現さないようだったので、見切って出発となったようだ。

つくばの駅から、最初の目的地である西高野ソーラーシェアリング発電所まで向かう。
車中では、つくばサイエンスツアーオフィスのスタッフであるTさんがバスガイドよろしく、色々と説明をして下さる。

彼女の話を聞いている限り、相当に場数を踏んで手慣れた感じである。

つくばには国と民間あわせて300以上の研究所があること、つくばが研究都市になったのは、筑波山がある以外には平地が広く、研究のために使う水が霞ヶ浦から直ぐに取れ、しかも東京から50kmあまりと比較的近いことが決め手になったこと、筑波大学は日本で一番広いキャンパスを持っていること、等々、道すがら説明をして下さった。

西高野ソーラーシェアリング発電所そうこうする内に、西高野ソーラーシェアリング発電所に到着。

ここの所長であり、ソーラーカルチャー株式会社代表取締役の松岡顕氏がお出迎え下さり、いよいよ松岡氏が運営中であるソーラーシェアリングのご説明を頂けることとなった。

(続く)

スポンサーリンク