太陽光発電:防犯カメラの必要性(1)

太陽光に防犯カメラは必要?

遠隔監視(防犯カメラ)の必要性を痛感する事例を最近、太陽光発電ムラ・コミュニティの参加者の若干名の方々から見聞きした。

論より証拠、この写真をまずご覧頂きたい:

石で割られたソーラーパネル

見ればお分かりの通り、無残にもソーラーパネルが割れている。

このソーラーパネルを割ったのが誰(何)か、まだ究明が出来ていないそうである。防犯カメラは設置されていたとのことだが、録画された映像を1週間分、5分刻みでざっと見た限りでは確認できなかったらしい。

ソーラーパネルには10年間のメーカー保証が付いていたため、今回はそれでカバーされるそうで正に「不幸中の幸い」だが、保証期間後の事を考えると懸念が残るのは確かだ。

可能性があるのは、まず人間による投石。

太陽光発電を良く思っていない人や、何らかの恨みや僻み、妬みなどの感情を持つ人が、ソーラーパネルに対して石をぶつけると言う可能性は少なくないだろう。実際、明らかに人が投石したと思われるようなソーラーパネルの損傷があったという事例の話も聞いたことがある。

ただ、人だとすれば防犯カメラの映像に録画されている可能性が高いのだが、今回はそれが確認できないため、可能性としては低いようだ。

カラスのイタズラにも要注意

もう一つの可能性は、カラスによるイタズラ。

カラス

カラスは、ゴミ捨て場を荒らしたりしてどちらかと言えば嫌われ者だと思われるが、かなり頭が良い鳥である。始末が悪いのは、カラスという鳥は一度こういったイタズラの味を占めると、面白がって何回もやるそうなのだ。

九州のあるメガソーラーでは、カラスによる上空からの投石で1年間に10枚以上のソーラーパネルが損害を受けたとの事例もあるという。

今回、コミュニティで報告された件も防犯カメラで犯行の瞬間が確認できず、10枚以上の(しかも防犯カメラ作動中の看板前の)ソーラーパネルが割られたとのことで、カラスによるイタズラの可能性が高いのかもしれない。

実際、被害者のHさんによると、

すぐ横に採石置き場があります。また、防犯カメラ設置業者が防犯カメラ設置時に石をくわえたカラスを見たと言ってました。

 

とのことである。

犯人(人じゃないから、犯鳥?)がカラスだとしたら、割れたソーラーパネルの周辺に落とした石などの落下物が残るはずだが、今回の太陽光発電所では砂利敷きであるため、その判別が出来ないそうだ。

カラスの悪戯だとしたら、どのようにしてカラスの投石を防止するか、考えなければならない。だが、何らかの対策を講じたとしてもカラスはいったん危険でないと学習すると、それ以降は無視するという。カラスとの知恵比べは、なかなか頭が痛いところである。

(続く)

スポンサーリンク

コメント

  1. ちょこぶ より:

    はじめまして
    ブログランキングからきました。

    家もこの4月から売電始めました。
    家を新築したのでそれを機に屋根に10kw載せました。
    屋根なので、人間のいたずらは難しいと思いますが、カラスのいたずらはなかなか防げないですよね。

    ポチっと応援していきますね。

    • bigfield より:

      ちょこぶ殿、

      コメントどうもありがとうございます。お返事が大変遅れ、失礼いたしました。
      4月から売電開始とのこと、おめでとうございます。ポチッと応援、どうもありがとうございます!

      宜しければ、これに懲りずにまたコメント頂けましたら幸甚です。
      今後とも、よろしくどうぞ!