太陽光:1000坪の用地は「帯に短し、襷に長し」

BFエナジー太陽光発電所2号基の用地探し…

この年末年始は日並びが良く、筆者のような平均的な勤め人でも9連休となった。同様な読者の方も多かったのではないかと思うが、この連休も今日でいよいよ終わり。勤め先の方は明日から仕事始めである。

この休み中、例によって結構ダラダラと過ごしてしまった訳だが(汗)、青色申告の仕訳入力作業やら、BFエナジー太陽光発電所2号基の用地探しやらと、ノートPCに向き合ってそれなりにやらなければならないこともある程度は行った。

加えてまだ詳細の公開は差し控えているが、愛知県東部や東関東で折衝中や計画中の案件も若干ながらある。

最近頂いたコメントへの回答をさせて頂いた通りで、事実上、分譲に近いようなお話も頂いたりしているが、なかなか一筋縄で行かないところがあるのだ。

一つには、遠隔地ではなかなか管理が筆者自身だけでは出来ない可能性であったり、またいわゆる「分譲」ではないのだが、低圧1基には広すぎる用地を分筆してバラバラに申請するような案件では、土地の共同購入で躓いだり、系統連系手続きに時間がかかったり、あるいは結局高額な連系費用を提示されて断念したり、といった状況である。

例えば、岡山で筆者がお世話になっている施工業者さんから昨年の秋頃に土地を紹介され、そこで他の方も募り4名揃ったから始めましょう、という話があった。ところが、4人集まるやいなや、元々その物件情報を扱っていた不動産業者の方から他の人に売却することにしたから、と言った感じではしごを外されるといった顛末に終わった。
太陽光発電用地

太陽光発電には中途半端な1000坪前後の用地

とにかく、200~300坪程度で低圧1基だけしか絶対に入らない土地だと紛れようが無いのだが、1000坪~1200坪といった広さの土地ではある意味で個人事業や中小企業による低圧連係の太陽光発電には中途半端な広さなのである。

諺でいう、「帯に短し 襷(たすき)に長し」というやつだ。

低圧1基には広すぎ、メガソーラーや高圧の案件には小さすぎといった土地だと、みなし高圧が禁止となっている現在、進めることが色々な意味で難しいと実感している。

なので、この休み中にネットで探していた情報は、すべて土地の面積が500~1200㎡程度の低圧1基のみでしか使えない物件だけである。

それにしても、そういう「みなし高圧」がまだ大丈夫だった頃の太陽光発電所で、大規模なところでは鳥取の「湯梨浜太陽光発電団地」、小規模なところではfppvさんやSTJさんらの「ねぎソーラー」などの分譲的な案件で上手く行った所は羨ましいなと今更ながら思う。

太陽光発電はやはり早い者勝ちの世界だったな、とも感じる。
ともあれ、他ならぬ自分のため、残された時間で悪あがき(苦笑)を続けるのみである。

スポンサーリンク