太陽光向け用地を求め、広島へ

勤め先での仕事は、今日と明日の午前中位までリハビリみたいな感じwである(9日間のブランクのため)。

その仕事の合間にメールや電話で不動産屋などと太陽光発電用地物件に関する連絡を取りつつ、段々と選択肢が絞られて行きそうである。中にはまだ連絡が全く来ない不動産屋もあるが、仕事始めも間もないこの時期では仕方がないかもしれない。

とにかく「下手な鉄砲も数撃ちゃ当たる」式に行ってみようと思う。一応、この週末の三連休をフル活用して中国地方で太陽光向けの土地探しを集中的に行うことに決めた。(青色申告も並行して進めなきゃならないが、それどころじゃないという心境…)

当初、いつものように夜行の高速バスで岡山入りする予定を考えていたのだが、今回の物件はかなり西の方まで足を延ばして見に行くので、広島まで空路で一っ飛びすることに決めた(広島はほぼ1年ぶり)。

ちょうど昨年8月に中国系の春秋航空という格安航空会社(LCC)が成田~広島間に就航しており、これをうまく使えば出張経費をかなり削減できそうである。早速、土曜の朝に発つ便を予約した。帰りは連休後の火曜日で、この日は午後の少し遅い時間にLooop社のセミナーに出席する予定を元々入れていたので勤め先の方は休暇を頂戴することにした。

年が明けてから認識を新たにしたのだが、今月中旬頃までが32円/kWhで設備認定を取得できる期限となりそうなので、この期間はとにかく太陽光発電2号基用の土地物件の探索と取得を最優先して取り組むつもりである。1号基のメンテナンスも2号基の場所が固まってからで十分間に合う。

また、筆者のネットワークからも色々なご提案を都度、頂いている。現時点では、取りあえず「来るもの拒まず、去る者追わず」が当方のモットーだ。何しろ、2号基として確定した案件がまだ一つも無いのである。

2号基、3号基と確定した案件が出てくれば、辞退または他の方にお譲りすることにもなろうが、それまではどのような提案でもまずはお伺いしたいと考えているので、低圧連係が可能な土地、転売を検討中の太陽光発電所などあれば、まずお気軽にご連絡を頂ければ幸いである。

スポンサーリンク