日本政策金融公庫を初訪問

[日本政策金融公庫] ブログ村キーワード

日本政策金融公庫

日本政策金融公庫

太陽光発電所の設備費用に充てるための資金調達のため、本日の午前中に最寄の日本政策金融公庫に初めて足を運んだ。

この日本政策金融公庫(正式な略称=日本公庫)、自営業者や中小企業の方であれば、一部のベンチャー企業などを除いてほとんどの方がご存じで日頃から活用されている方も多いことだろう。

逆に、一般的なサラリーマンやOLの方には恐らくほとんど馴染みがないのではないだろうか。

まず、日本公庫は日本政府100%出資の国の金融機関であり、宣伝や広告をほとんど行っていない。だから、普通に生活している限り、日本公庫を知る機会すら無いことになる。

次に、一般的な銀行や金融機関と異なり、普通預金や総合口座を開いて、給与を振り込んだり、電気代や水道代などの公共料金を自動的に引き落としたり、等といった、一般人が普通に使う金融機関ではないということ。

筆者もそうだが、サラリーマン家庭に生まれ育ち、学校を出てどこかの会社に就職するというパターンでは、日本公庫にお世話になるような方はかなり少ないと思われる。

事業者に欠かせない資金調達、その際に欠かせない公庫

一方、個人か法人かを問わず、事業を営んでいる場合、資金調達ということが日々ついて回る。例えば、日々の運転資金であったり、既存事業における設備投資であったりなど。

日本公庫はその資金調達の際に最初に考慮すべき、欠かせない存在であるということなのだ。

今回の筆者の場合、これまでのネット関連事業や執筆業に加えて太陽光発電を中心としたエネルギー関連事業を新規に行うために、その設備投資の資金調達(ファイナンシング)のために日本公庫にお世話になりたいということである。

ちなみに、筆者の場合はまだサラリーマンではあるものの、勤務先の本業以外にインターネット上のサイトからの広告や原稿執筆などによる収入が少々あり確定申告を行っている。

このため、日本公庫に行き必要書類をもらおうとした際にも、確定申告をしている=既に事業者である、という扱いとなったのである。
(続く)

スポンサーリンク