津山名物「ホルモンうどん」に挑戦!

岡山市内を9時半頃に出発し、津山メガソーラーの現地に到着したのが10時過ぎか10時半頃だったと思う。

津山メガソーラーでコンクリ基礎についてSさんから聞くピッピさんコンクリートの基礎について説明して頂いたり、それぞれのソーラーパネルの出力状況について簡単に教えて頂いたりしつつ、バシャバシャと写真を撮りながら、かなり広いメガソーラーの敷地内を一通り案内して頂き、気が付くともうお昼。

ということで、見学の次の目的地である総社市の施工現場に向かう前に、津山の街中で昼食をとる事となった。

津山名物と言えばB級グルメの「ホルモンうどん」!

ホルモンうどんのポスター津山の名物と言えば、B級グルメの「ホルモンうどん」なのだそうである。

ということで、そのホルモンうどんの美味しい店を…Sさんは津山が地元ではなく良く分からないそうなので、「良さげな店をどれか選んでください!」と、ガイドかパンフレットみたいな紙を我々に渡してくれた。

太陽光発電ムラでも幹事役をよく買って出て下さるピッピさんが野生の勘?で選んだのは、「橋野食堂」というお店だった。

ホルモンうどんが美味い、津山市の橋野食堂Sさんがナビの案内通りに運転し、そこに到着してみると、もう1時に近いのに少し行列が出来ている。

「お、これは当たりか!?」と少し待つと、ほどなくして店内に入れた。

津山名物・ホルモンうどん早速、津山名物のホルモンうどんを3人で注文し、やがて出てきたホルモンうどん。

(うぅむ、ピントが呆けてしまった(涙)…)

お腹がかなり空いていたので、写真も適当に切り上げて食す。
 
 
うむ、これはイケる。筆者はそれほどのグルメではないのだが、美味しいことは確かだ。
ピッピさんによると、ホルモンも豚ではなく牛でとても美味しかったとのことである。

ちなみに、Sさんは以前にも津山メガソーラーにお客さんをご案内したことがあったそうだが、その時にはI/C付近のファミリーレストラン(ガ○ト)に入ったとのことで、あとから社長さんに「おまえ、それは無いだろ~!?」と叱られたとの失敗談を教えてくれた(爆)。

そりゃー、遠方から来た客に振る舞うのなら、どこにでもあるファミレスじゃなく、やはり地元の美味しい料理ですよね~(笑)などと車内は笑いの渦となったのである(続く)。

スポンサーリンク