産業用太陽光発電 見学会・ルポ(4)

太陽光発電パネルを前に説明を聞く見学会参加者の皆さん既に書いた通り、筆者の場合、グリーンソーラー発電所の見学は今回が2度目である。

まだ系統連系や売電開始の前でソーラーパネルの設置やフェンスの工事を行っている時に筆者は見学させて頂いた。

あれから半年が経ち、防草シートの施工、東京電力との系統連系、「エコめがね」導入による太陽光発電量のモニタリングなども完備したプチソーラーとなって今回の見学会参加者一行を受け入れてくれた訳である。

参加された皆さんも、見学の仕方は様々だ。例えば…

  • グリーンソーラー発電所長・ピッピさんの説明を熱心に聞き、メモを取る方。
  • メジャーで太陽光発電パネル・アレイやフェンス等の距離や間隔を測る方。
  • 何やら器具を持ってきて、測定か撮影かを行っている方。

メジャーでフェンスを測る見学会参加者筆者は、今回スタッフでもあったので、まず写真撮影、そしてそれ以外にも必要に応じて臨機応変に見学会のサポートを行うという立場であった。

あとはピッピさんの説明を随時聞きながら、本ブログの記事取材のためにあちこちを改めて確認して回ったり、写真を撮ったりと言った感じで過ごした。筆者にとっては今回の見学会では、防草シートの施工の実際やエコめがねの導入などが参考になった。

それにしても、時間の経つのがなんと早いことか。

グリーンソーラー発電所見学会での質疑応答参加者の方々とピッピさんの質疑応答、発電所内をぐるっと一回りしての見学、参加者の方との歓談などしていると、あっという間に1時間程が過ぎてしまった。

高崎第1&第2ベースを後にして市内に昼食に向かう前に、全員そろっての記念撮影を行った。

顔出しNGの方もいらっしゃったのだが、初対面の方も多くどなたがNGかというのをあまり正確に記憶していないので、その集合写真をここで公開することは差し控えたい。

ただ、ご参加者の方で、その記念写真をご希望の方がいらしたら、メール添付で送付なり、クラウド経由で差し上げるなりといったことが可能なので、筆者のメールアドレスをご存じならメールで、ご存じない場合はコメント(このページの一番下)またはコンタクトフォームにてご連絡を頂ければ幸いである。
(続く)

スポンサーリンク