「練習台にならないで」(S社主催・太陽光発電セミナー)

(「S社による太陽光発電セミナーに参加」の続き)

まず、S社の太陽光発電セミナーの内容は、概ね以下の通り:

  • S社による、太陽光発電についての説明と事例の紹介
  • 質疑応答(Q&A)
  • ソーラーパネル・メーカーによるプレゼン:
    1. 京セラ
    2. ソーラーフロンティア

当初の予定では午後1時~3時の2時間ということだったのだが、質疑応答が活発だったことなどもあり、結局3時間近くとなった。また、筆者を赤磐市の会場までクルマに乗せてくれた営業のSさんがお客さんとの対応に忙殺されていたため、それを待っていたりして結局5時近くまでいたので、この日発電所に戻って作業を続ける予定を変更し、宿に戻って洗濯やブログの更新などを行うことにした。

セミナーの内容に戻ろう。
まず最初に、S社代表取締役社長のK氏の挨拶があった。

太陽光発電セミナー・川田社長の挨拶

K氏も実はブログを書いていて、筆者はRSSリーダーにも登録して密かにチェックしている。あまりアクセス数の多寡を気にされていないように感じるのだが、本業の太陽光発電事業がかなり好調のようなので、それで良いのだろう。

K氏の挨拶の中で印象に残った点は、「電力自由化によって32円で電気を買ってもらえる権利は大きな資産になる」との主張である。その根拠は、電力自由化、つまり競争によって電気料金が下がるため、ということだ。

筆者は、米国などの事例より、電力自由化が必ずしも電気代の低下に繋がるとは限らないと見ているが、電力業界の地域独占が崩れ、市場での自由競争が始まれば、確かに電力のコストや電気代が下落する可能性はある。そうすると、政府の方針で32円/kWhが保証される固定価格買取制度の権利が資産になるという主張には確かに説得力がある。

K氏が引き合いに出したのは、よく出てくる例ではあるが電話・携帯電話の業界である。旧電電公社の独占体制が崩れ、NTTに対して第二電々、さらにはKDDIやソフトバンク、そしてMVNOによる格安SIMといった選択肢が増えたことで通信コストが大幅に下落したのは周知の事実だ。

なので、市場原理が機能しさえすれば、電力業界でも同様のコスト下落、電気代の下落が起こるということである

もう一つ、K氏のプレゼンで筆者が留意した点は、S社が太陽光発電の施工価格を1割ほどダウンさせた、ということである。これは買取価格32円時代への対応とのことだが、筆者だけでなく他の顧客やプロスペクトからも多くの指摘を受けていたのだろう。

さらに、コストダウンをしつつも、S社の施行品質には変わりが無い点をアピールし、「当社はこれまでに数多くの「練習」を行い十分な実績を持っている。新しい施工業者には施行品質に問題のある会社もあるので、皆さまは彼らの『練習台」にならないようにして下さい」との締め括りには同社の施行品質に対する絶対の自信が感じられた。

(続く)

スポンサーリンク

コメント

  1. 蛇野 より:

    ソーラーパネル・メーカーによるプレゼン:
    京セラ
    があったとのことですが、
    例の3本バスバーについての話は出たのでしょうか?
    何が有位なのでしょうか?
    4本とか5本を採用する製品も出ていますが、
    何が優位なのでしょうか?

    • bigfield より:

      蛇野さま、

      もちろん、3本バスバー特許の話は出ました。
      ただ、他の電極構造との比較などは特に無かったです。

      京セラさんのプレゼンについては、また記事にても触れたいと思いますので、少々お待ち下さいませ。