【参院選まとめ】「戦争は最大の環境破壊」を肝に銘じ投票へ

参議院選挙2016

参議院選挙2016

本日は久々に選挙である。参議院選挙ということで、経済や社会保障など今回の争点もいろいろあるが、最大の争点は政府与党があまり露わにしないが、憲法改正である。

つまり、今回非改選の76議席と合わせて与党(自公)がどれだけの議席を取るかが、今後の日本の将来に大きな影響を与えると考えられる。

本ブログは太陽光発電などエネルギーや環境の事を中心に認めているので、それに関していえば与党にはやはり票を投じたくない。

なにしろ、先の原発事故の反省すらろくにせずに原発の再稼働に前のめりになり、原発の輸出など金儲けのことしか頭にないからだ。

しかも、下手をすると輸出した先の国の原発の核のゴミまで我が国に持ち帰って処理するといったトンデモナイ約束までしようとしている。六ヶ所などの再処理工場がまだ全然機能しておらず、「トイレの無いマンション」状態が全く改善していないにもかかわらずだ。

もう一つ、冒頭の改憲に関しても、与党は憲法改正によってこの国を戦争ができる国に変えたがっている。現在、憲法9条が邪魔をして自衛隊の派兵を自由にはできないが、それをいじって米国の言いなりになってどこにでも自衛隊を派兵させるようにしたい訳である。

ときに、「戦争は最大の環境破壊」だと良く言われる。

しかも、その戦争の原因もエネルギー(特に化石燃料)の取り合いということが少なくない。我が国が負けて終わった、先の世界大戦もそうだった。

その意味では、分散型の再生可能エネルギーの地産地消を進めることで、地域経済を活性化させつつ、エネルギー安全保障を担保し、環境破壊の最たるものである戦争に巻き込まれるリスクを低減させる、という「一石三鳥」の方針が必要である。

残念ながら、現在の与党がやろうとしていることとは、まったく反対である。
こういったことも念頭において、今日の参議院選挙で一票を投じたいと考えている。

この記事を読まれた方も、どうか良識あるご判断のもと、日本の平和や環境を守るために清き一票を是非投じて頂きたい。

Photo credit: MIKI Yoshihito. (#mikiyoshihito) via Visualhunt.com / CC BY

スポンサーリンク