買う電気から創る電気へ(1)

TEPCOの電気代催促状多分このブログでは初めてと思うが、産業用太陽光発電ではなく一般家庭による発電の話。

きっかけは、ヤフー経由で発信されているウォールストリートジャーナル(WSJ)の記事をツイッターで見たこと:

日本で進む従来型電力離れ─家庭での代替エネルギー発電が急拡大
(追記:ヤフーの記事削除のためWSJの元記事にリンクを貼り替え)

これは無理もないことだろう。

東日本大震災に伴って福島県で起きた東京電力の原発事故は発生後2年半の歳月が経っても未だに収束の目途すら立っていない。安倍晋三が空しい嘘をついたところで、汚染水がコントロールされているどころか、全然収拾できていないことは誰の目にも明らかだ。

そんな中で原発がすべて停止し、再稼働すら覚束ない中、地域独占に胡坐をかき値上げしか能が無い各電力会社に対しては国民の多くが筆者と同様に怒りや憤りを持っていると思う。

ちなみに、筆者の場合、未だに事故前とあまり変わらない東京電力の企業文化に我慢がならないので、電気代の自動引落しを解約した。こうすると、毎月50円ほど余計にかかるが、それを負担してでも東京電力に楽させておカネを渡したくなどないのだ。

電気代は、毎月催促のハガキが来たら、期限ギリギリになって仕方なくコンビニ払いをしている。本当なら、こんな極悪企業の製品やサービスなど自分のカネで買いたくないが、電気の供給では他に選択肢が無い。

かといって、東京電力の電気を使わずに暮らそうと思えば、それこそ江戸時代のような暮らしに戻るか、どこかに引っ越しをしなければならず、それも簡単には出来ない。

そんな訳で、一寸の虫にも五分の魂とでも言おうか、巨悪・東京電力とその裏にいる日本政府へのささやかな抵抗を試みている訳だ。

そして、家庭での代替エネルギー発電が急拡大というのは、本当に歓迎すべき動きだ。

筆者も出来るだけ早く東電管内から西日本に移住したいと思っているし、その暁には戸建てに住めるようなら絶対に自宅にも太陽光発電を入れるつもりだ。集合住宅でも最近は太陽光発電マンションなんてのもある。

また、朝晩や雨の日など太陽光で発電が出来ない時のためには、ガスエンジン・コージェネレーションを入れたいと考えている。資金面で余裕があれば、家庭用燃料電池「エネファーム」を入れたいが、まだコストパフォーマンスがあまり良くない。

あと何年かの内に、100万円を切ると思われるので、ガスコージェネから買い替える時にはエネファームにするのが良いかと思っている。(続く)

スポンサーリンク