太陽光発電・施工体験会(その2)

最近ロクに運動をしておらず身体が鈍っている当方としては、いきなり重いモノを持ったり運んだりというような肉体労働を行うと身体を壊す恐れもあると思い、今回は後者の見学主体で参加させて頂くことにしていた。

天気予報によれば曇りがちな天気と思われたが、実際に現地に行ってみるとほとんど晴天で8月の日差しはかなり強く、無理をしなくて良かったと思う。

太陽光発電ムラの会合(=飲み会w)等での参加者の集まり方など、これまでの経験から、この施工体験の方も多くの人が参加するのかと思ったが、予想外に今回は私一人だけ。

とはいえ、その分Kさんや他にこの施工に携わっている方とも色々と情報交換もでき、非常に有意義で価値のある体験だった。

自分で手を下す必要が無く、おカネだけを出してあとは施工業者にすべて任せるだけというスタイルもお金持ちの方なら可能だろう。

しかし、こちらは太陽光発電を個人年金や生活の糧として活用したいと考えている訳で、少しでも施工費用を浮かしてその分出来るだけ早く投下資金の回収を行う必要があるのだ。

パネルのコストはかなり下落し、固定価格での全量買取制度が実施される前であればkW当たりで50万円とも60万円とも言われていたのが、最近では最安だと中国製のパネルには5万円/kWなどという激安のソーラーモジュールまで登場していると聞く。

一方で、施工費用は草刈り、整地や杭打ちなどの土木工事とパネルの設置や接続などの電気工事に掛かる人件費、パネルを取り付ける架台や発電所の周囲を覆う金網などの材料費…と、見落としていると後で「こんな筈では無かったのに…!」と思うほど費用が嵩むのだ。(続く)

スポンサーリンク

シェアする

フォロー(更新情報をゲット)する

スポンサーリンク