太陽光発電・施工体験会(その5)

私が不動産屋のホームページなどで何度も見ていた「更地」なのに草木が茫々と生い茂っている物件などは、やはりそれらを刈り取ってブルドーザーなどで平らに均し、砂利などを敷き詰める作業を行い整地するということのようだ。

なるほどね、こうやって発電所の用地を造成する訳なのねと納得。
ま、この工程は太陽光発電も普通のビルや住宅も似たり寄ったりなのだろう。

と、現地で過ごした2~3時間はあっという間に過ぎていき、Kさんからそろそろ良いですかと促されたので、お暇することにした。

今回は太陽光パネルの納期遅れのため、架台の設置までしか見学できなかったが、実際に架台のねじ止めなどもほんの少しだけ手伝わせて頂いたりし、非常に学びの多い経験となった。

ちなみに、今度の金曜日には群馬県某所で別の太陽光発電所の設置工事を見学させて頂く予定が入りそうである。(ちなみに、これも太陽光発電ムラ関係からのご縁により実現)

太陽光発電所を自作したい、または自分でも多少なりとも手を下して作りたいとお考えの方は、こういう機会があれば是非積極的に参加されることをお奨めしたい。

スポンサーリンク

シェアする

フォロー(更新情報をゲット)する

スポンサーリンク