「メッセージ」を運ぶソーラーインパルス

昨日、押っ取り刀で駆け付けた、「ソーラーインパルス2(Solar Impulse 2: Si2)」の見学会、やはり少し無理をしてでも行っただけの甲斐が大いにあったと感じている。

最近の我が国の太陽光発電を取り巻く環境を考えた時、やれ買取価格が下がった、やれ出力抑制がかかるようになった、、、と言った具合にとかくネガティブな事に囚われがちである。

現実問題として、我々太陽光発電事業者の懐具合に直結するため、そういった細かい数字にこだわり、少しでも収益を増やす方向に持っていこうとするのは当然のことだ。

しかし、エネルギー事業者としてもう一段高い視点から、現在のエネルギー事情や持続可能性(サステナビリティ)といった事を俯瞰すると、また違った発想でそれらを捉えることができる、そんな気がする。

ソーラーインパルスは、そういった発想の転換のきっかけを我々クリーンエネルギーに関わる者、そしてエネルギーを消費する人すべてに与えてくれるのではないか、そう思う。

昨日の見学会の最中、ソーラーインパルス・プロジェクトのスタッフによる説明で非常に感銘を受けたことがあった。それは、「一般の飛行機(旅客機)は乗客を運ぶ。一方、ソーラーインパルスは乗客は運ばない(運べない)が、『メッセージ』を運ぶ」という主張である。

正直な所、これまでソーラーインパルスの事を考えた時、「太陽光のエネルギーだけで空を飛べるのは確かに凄い。でも飛行機を操縦する人が一人しか乗れないんだよな~」などとも思っていた。

しかし、その「メッセージ」を運ぶ、という主張を聞き、目から鱗が落ちたのである。
このプロジェクトにイチャモンを付けようと思えば、付けられることは色々とあるだろう。

例えば、このソーラープレーン自体は完全にゼロエミッション飛行を行うのだが、世界一周の旅をサポートするためにスタッフ数十名や機材も付いて回る。(だから名古屋にも来て、我々が見学出来ることにもなった訳である。)それらは、当然既存の物流インフラを利用する訳で、そこでは当然温暖化ガスが普通に排出される訳だ。

だから、そこだけを問題にするとプロジェクト全体としては恐らく温暖化ガスを多少なりとも増やしているはずで、温暖化ガスの増減をそこだけで見れば、何もしない方が良いじゃん、などと言う結論を導き出すこともできるだろう。

しかし、このプロジェクトの意義はそこではなく、ソーラープレーンがゼロエミッションで初めて世界を一周でき、それは現在の要素技術を組み合わせる事で十分に可能ということなのである。

ソーラーインパルス見学会(2015/6/10@名古屋飛行場)

※ただ今、にほんブログ村「環境ブログ」ランキング強化月間にチャレンジ中。ソーラーインパルスについて「続きを読みたい!」と思った方はクリックして是非応援して下さい。
(続く)

スポンサーリンク