太陽光利用型植物工場の見学(1)

[植物工場] ブログ村キーワード
つくば市・農研機構の太陽光利用型植物工場つくばサイエンスツアーのレポートも後半、太陽光発電ではないが、関連した技術ということで太陽光利用型植物工場についても記しておこう。

今回の3Eフォーラムのアトラクションとしての見学ツアーでは、普段では非公開で見る事が出来ない施設を見ることができるというのが売りだった。

ということで、今回西高野ソーラーシェアリング発電所の後に見せて頂いた「農業・食品産業技術総合研究機構(NARO)」の太陽光利用型植物工場も、一般の観光客向けの展示室ではなく、本来なら見学できない実際の植物工場そのものを見学させて頂いたのである。

そちらでご説明下さった方(お名前を聞きそびれてしまった…失礼)によれば、植物工場による農作物の生産に真剣に取り組んでいる所ほど、見学など絶対に受け付けないそうである。

その理由は、人間が植物工場の内部に入ることによって、雑菌やら病原体やらが人と一緒に入り込んだりして、栽培中の植物や作物が病気になったりするからだそうだ。

今回の我々の見学ツアーは、まぁ特別な機会ということと、国の研究機関で研究が主体であり、作物を作って売るのが彼らの業務ではないからということなのだろう。

もし彼らの植物工場で病気が発生したらしたで、その原因や対策を研究するのも仕事になるから、というのは確かに分かる。

エアシャワーの設置された植物工場内部への入り口さて、入り口から入ると、植物工場自体の部分に入るためには、半導体工場のようにエアシャワーを浴びる。

この風でゴミや病原菌も落として、、、ということだが、どれ位効果があるのか。。。

植物工場の施設の中に入ると、苗を育てる部屋や、育てた苗をさらに育てる温室みたいな部屋を実際に見せて頂いた。

太陽光利用型植物工場の栽培室

筆者は以前、都内で開催された展示会で植物工場の施設や機材の業者のブースを見た事はあるのだが、実際の植物工場はやはり今回が初めてであった。

植物工場の種類の説明ただ、完全人工光型の植物工場ではなく、太陽光利用型ということで、見た感じはやはり温室に近いなというものである。もちろん、こちらの方が一般的な農業には近い。

普通の温室との違いは、やはり植物工場ということで、土で育てるのではなく、養分の含まれた水による水耕栽培という所である。

いわば、一般的な温室の農業 → 太陽光利用型植物工場 → 完全人工光型植物工場
という形で農業の人工化というか工業化に近づくのだろう。

(続く)

スポンサーリンク