太陽光発電[as副業]の限界【社畜?の呟きw】

副業の太陽光発電の方では殆ど大したことが出来てないが(∵本業の仕事が今週一杯ヤマ場となっているため)、備忘録を兼ねてこの過去一週間ほどの進捗(特に融資関連)を振り返る。

公庫融資:ロクに担保なしサラリーマンには厳しい?

広島の太陽光3&4号基の資金調達のために、日本公庫で昨年の初め頃までお世話になったYさんに電話で念のためにダメ元で再確認を取ったが、こちらはやはりアウト。_| ̄|○

(Photo credit: StuSeeger / Visualhunt.com / CC BY)

公庫自体では確か最高で7200万円まで借りられるような制度だったかと思うのだが、ほとんど担保も何も無いしがないサラリーマンが本業ではこんなものだろうか。

とりあえず、5号基の用地の雑草、もとい篠竹刈りを行うことはほぼ決まり。
予定通り、秘密兵器の「ハンマーナイフ」を投入する。

バロネス・ハンマーナイフ

これに合わせて、前日くらいに「LALAサンシャイン」による資金調達のための面談を行いたかったのだが、先方の担当者の方が出張でご不在とのことで、別途仕切り直し。できれば何か他の作業と兼ねて行ければベター。

LLC+預担+ABL?それとも…?

こちらでは、やはり現地に法人(LLC)を一つ設立することになる可能性が高いか…
あと、今さらABL的なことでマジに融資が出来るのだろうか? 現実的には預担などで対応することになるのが、ほぼ間違いないように思うのだが。いずれにしろ、こっちもダメ元w。

それに、出来れば地権者さんへの挨拶、というより交渉か。Eさんへの連絡より、氏名は分かったが、あとは直接凸撃で直談判か… おっと、Eさんに返事をしておかなければ…

3号基では直近にやるべき作業として、まず用地に生えているミカンか何かの木を切り倒す作業がある。

太陽光3号基用地のミカン?の木

太陽光3号基用地のミカン?の木

それに架台の基礎をもうそろそろ決定しなければ何も施工できない。年末年始にでも現地に行けるようなら、延び延びになっている2号基の遠隔監視システム設置と合わせて作業を行いたい。

いずれにしろ、この週末も痛恨の?サビ残・休出、持ち帰り残業で動きが取れないのだが、「忙中閑あり」で、電力自由化+再エネ系セミナーでも聴きに行こうかと考えている。

竹村氏ブログの最新記事を読んで、電力小売り自由化・電力システム改革の現状の大体の感触は掴めたのだが、やはりご本人の話を直接聞いたり、質問をしたりできる機会は貴重だ。

それにしても、これまで7万円ちょっとだった1号基の固定資産税が償却資産税プラスで一気に約3倍になり、今年から(納付期限:12/15!)その差額を払えというのはさすがに痛い。

ったく、なんとかならないものか…

スポンサーリンク