初めての連系申請(1)

初めての連系申請【東電編】

昨日の朝、R市にある東京電力のR支社へ行き、東関東の太陽光発電所案件2件分の系統連系の申請を行ってきた。結論から先に書くと、2件とも無事に受理された。低圧連系なら個人でも意外に簡単だなと思った。以下、その経緯や感想を記しておきたい。

自宅を午前7時前に出て電車を乗り継ぎ、R市に着いたのが午前8時40分頃。そこから徒歩5分のR支社を目指して歩く。

東電・竜ヶ崎支社へと歩く

目標は「屋上に白い無線塔のある、ベージュ色の鉄筋コンクリート5階建」のビル。

そびえ立つ、東京電力・竜ヶ崎支社

で、現地についたのが午前8時45分頃。
営業時間は9時~なので、当然入り口はまだ閉まっている。

東電・竜ヶ崎支社の入り口。午前9時までは閉店

日陰だと寒いので、出入り口の前から駐車場の前付近の日なたにいって日向ぼっこをしたりして時間を潰す。この時点では、筆者以外に誰もいない。うーん、もう少しゆっくりと来ても良かったかな…

東電・竜ヶ崎支社の前にある「龍」の像

日向ぼっこや建物の前にある龍の写真を撮ったりしている内に、9時となり開店。
一番乗りの筆者は、開店後すぐに「新増設受付」の窓口へと直行する。

一番手前の窓口には男性の社員がいたのだが、太陽光発電の連系申請だと言うと、その隣のお姉さんの方へと言われ、そちらの窓口に行き、申請の手続き開始だ。

持参した連系申請の書類を窓口のお姉さんに手渡す。

窓口嬢:「野立ての太陽光発電ですね?」
筆者: 「はい、そうです。」

「野立て」と言う言葉は東電でも使う一般的な用語なのだと、この時初めて知った。
その内、彼女はパソコンの画面を見ながら何やら色々と書類に書き込んだりし始める。
そして筆者に対してまた質問が来た。

窓口嬢:「現地に行かれたことはありますか?」
筆者: 「はい、1、2度あります。」

と言う感じで、それぞれの案件の現地の状況を少し話した。

先方の関心事は、太陽光発電所の場所と最寄の電柱との距離である。2件のうち、1件は電柱への距離が比較的近いと思うのだが、もう1件は数十メートルはありそうなので、その旨を伝えた。また、現地では篠竹が茂っていて、正確な距離はまだ分かっていないとも正直に話した。この辺、連系申請の段階では、厳密でなくアバウトでも良いようだ。

窓口嬢曰く、電柱を2~3本立てることになり、その分も連係工事負担金に含まれるとのことである。まぁそれも織り込み済みではあるので、了解の旨を伝えた。

(続く)

スポンサーリンク